さすがの山寺宏一も仕切れない? 超豪華“10人の声優たち”が勢ぞろい

最新ニュース

『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(山寺宏一)
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(平野綾)
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(野島健児)
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(小山力也)
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(小山茉美)
  • 『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶(小松由佳)
6年ぶりに韓国映画の観客動員記録を更新した話題のクライムサスペンス『10人の泥棒たち』が6月22日(土)、全国の劇場にて2週間限定で封切られた。同日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、本作の日本語吹き替えを担当した声優陣が舞台挨拶に登壇した。

世界にたったひとつしかないダイヤモンド“太陽の涙”を巡って10人の野心あふれる盗みのプロフェッショナルが緊迫のかけひきを繰り広げる本作。舞台挨拶にはクールな強奪作戦の首謀者マカオ・パクを演じる山寺宏一を始め、朴璐美、平田広明、平野綾、石塚運昇、小山茉美、小山力也、野島健児、小松由佳、中井和哉というまさにドリームチームというべき超豪華な“10人”が勢ぞろい。これだけのメンバーが一堂に会し、同じステージに立つはもちろん激レアで、泥棒たちを仕切る立場の山寺さんも「ここにいるメンバーを、私が仕切れるわけがない(笑)」と圧倒されるばかり。また、全員が演じた役柄をイメージした衣装での登場も、会場を盛り上げていた。

平野さんが演じるのは、チームワークよりは自分の利益というロープ使いの達人・イェニコール。「こんなに素敵で面白い先輩方に囲まれて、ここからそんなに喋らなくなるかと思います」と共演者をリスペクトする一方で、「彼女は悪い女なので、皆さんを手のひらで転がしている感があって楽しかった」と役柄そのままの小悪魔っぷりも披露した。

「アフレコ現場では、女性陣はどのキャラクターがお気に入りなのかと言い合っていた」という山寺さんの発言をきっかけに、女性陣は自分の好きなキャラクターを発表することに。朴さんと平野さんが、野島さん演じる純情な新入り・ザンパノを、そして小松さんと小山さんは石塚さん演じる中国チームのボスのチェンを選び、名前が挙がらなかった山寺さんは地団駄を踏んでいた。それでも「さまざまな要素が詰まった最高のエンターテイメント。一緒に演じて楽しい吹替えキャストもそろい、これで声優の実力が分かるかと思います(笑)。絶対に『10人の泥棒たち』ブームが来ると思っているので、皆さんのお力でぜひ広めていただければ」(山寺さん)と“リーダー”として、作品のアピールに余念がなかった。

『10人の泥棒たち』は6月22日(土)より2週間限定で公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top