クリント・イーストウッド監督、トニー賞ミュージカルを映画化!『ジャージー・ボーイズ』

最新ニュース

『ジャージー・ボーイズ』 (c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT
  • 『ジャージー・ボーイズ』 (c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT
  • クリント・イーストウッド
『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』など、数々の名作を世に出し続け、2度のアカデミー賞「監督賞」に輝くクリント・イーストウッドの監督最新作『ジャージー・ボーイズ』。このたび公開日が9月27日(土)に決定、大ヒットミュージカルを原作にした劇中のワンシーンが、日本で初公開された。

ニュージャージー州の貧しい地区出身の4人の若者、“ジャージー・ボーイズ”が結成したグループ「ザ・フォー・シーズンズ」。彼らは後に、世界で1億枚以上を売上げ、1960年代にあの「ザ・ビートルズ」と肩を並べるほど、世界的人気絶頂を極めた伝説のポップグループ。彼らの友情と裏切り、そして成功を手に入れた夢の果てに見たものとは…。伝説的グループ「ザ・フォー・シーズンズ」の栄光と挫折の実話を、「シェリー(Sherry)」「恋のヤセがまん(Big Girls Don't Cry)」など名曲の数々とともに、イーストウッド監督が描き出す。

本作は、いまなおブロードウェイで8年以上のロングランを続けている、トニー賞受賞の大ヒットミュージカルを題材にした感動のヒューマン・ドラマ。

自らも映画音楽を手がけることが多いイーストウッド監督のこだわりが随所にあふれ、世界中のアーティストたちにカバーされる不朽の名曲「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」誕生の裏に隠された、切ない感動のドラマにも迫っている。彼が監督を務めるのは『J・エドガー』以来、およそ3年ぶりとなる。

「ザ・フォー・シーズンズ」の実際のメンバー、フランキー・ヴァリ、ボブ・ゴーディオ本人自らが製作総指揮にあたり、キャストには、ブロードウェイ版でトニー賞を受賞した舞台俳優ジョン・ロイド・ヤングが、本作でも「ザ・フォー・シーズンズ」のリード・ヴォーカル、フランキー・ヴァリ役を続投。

また、オスカー受賞のクリストファー・ウォーケン(『ディア・ハンター』)がマフィアのボス、ジプ・デカルロ役で出演。ミュージカル版に続き、脚本と楽譜集はマーシャル・ブリックマンとリック・エリス、歌曲はボブ・ゴーディオが作曲、ボブ・クリューが作詞を担当するなど、名高いメンバーが集結し、公開前からすでに全米で話題となっている。

今回公開されたのは、「ザ・フォー・シーズンズ」が高らかな美声で歌い上げる印象的なワンシーン。輝かしい舞台の裏で、彼らが見たものとは何だったのか。伝説的グループの真実を、巨匠イーストウッド監督がどのように描くのか、続報が待ち遠しい。

『ジャージー・ボーイズ』は9月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top