最新ニュース コラム記事一覧(40 ページ目)

シネマカフェ的海外ドラマvol.207 「弁護士イーライ」のあれこれに迫る! 第1回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.207 「弁護士イーライ」のあれこれに迫る! 第1回

大企業の弁護ばかりをしていた野心家弁護士・イーライが、ある日突然見始めた幻覚の“お告げ”に従い、正義の弁護士と化していく「弁護士イーライのふしぎな日常」。他のドラマにはないユニークさと時に感動を運ぶストーリーがミックスし、アメリカでの放送時には熱心なファンを生んだ本作が、いよいよ来月からDVDになって発売開始! そこで、本作品の面白さを探るべく、製作総指揮にして物語の生みの親でもあるマーク・グッゲンハイムさんにお話を伺い、誕生秘話や撮影の裏話など、作品にまつわるあれこれを教えていただきました。

シネマカフェ的海外ドラマvol.206 映画『glee』を一足早くレポート! 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.206 映画『glee』を一足早くレポート!

大人気ドラマ「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」のファンには見逃せない映画『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』がまもなく公開! 今回は、一足先に本編を観た感想をレポートします。

【シネマモード】『ラビット・ホラー3D』クリストファー・ドイル インタビュー 画像
コラム

【シネマモード】『ラビット・ホラー3D』クリストファー・ドイル インタビュー

「久々に、日本のお家芸的ホラーが戻ってきた」、まさにそんな感じでした。『呪怨』シリーズで、日本のみならず世界を恐怖におののかせた清水崇監督の新作、『ラビット・ホラー3D』。不気味な世界へといやおうなく引きずりこまれていくような奥行き感と、目の前に恐怖が“飛び出してくる”映像を実現した3D技術で、新たな恐怖の可能性を生み出すという革新を取り入れながらも、日本の怪談的なテイストは決して忘れない。新しさと伝統のバランスをとりながら、ジャパニーズ・ホラーを別のステージへと押し上げた、そんな作品です。

【ハリウッドより愛をこめて】今年のMTVアワード、あなたが注目したのは? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】今年のMTVアワード、あなたが注目したのは?

みなさん、こんにちは! 夏の陽気を満喫していますか? 東京はまだ暑い日が続いていると思いますが、秋の訪れを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。私も秋の季節の東京が大好きです。

【ハリウッドより愛をこめて】キム・カーダシアンの超セレブ挙式に全米夢中! 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】キム・カーダシアンの超セレブ挙式に全米夢中!

みなさん、こんにちは! 素敵なお盆を過ごすことはできましたか? ここアメリカでは、人々は秋に向けて準備を始めていますが、季節が変わる手前の先週末、アメリカで絶大な人気を誇るセレブTVスター、キム・カーダシアンの結婚ニュースが飛び込んできました!

シネマカフェ的海外ドラマvol.205 押さえておくべき! イケメン特集 第4回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.205 押さえておくべき! イケメン特集 第4回

イケメン海外ドラマスター特集第4回は、「チューダーズ <ヘンリー8世 背徳の王冠>」のイギリス人俳優ヘンリー・カヴィルをピックアップ。ハリウッドでも注目度急上昇中! の彼にグイッと迫っていきます。

【シネマモード】『ハウスメイド』イム・サンス監督の“囚われない”映画づくり 画像
コラム

【シネマモード】『ハウスメイド』イム・サンス監督の“囚われない”映画づくり

韓国のみならず、世界が認める1960年の傑作韓国映画『下女』。上流階級の裕福な家庭に新しい家政婦がやってきたことで、上流階級の人々が持つ残酷さ、エゴイズム、強い性的な欲望が浮き彫りになっていく様子を描き、衝撃を与えたキム・ギヨン監督の作品だ。韓国国内で活躍する映画監督たちはもちろんのこと、ロマン・ポランスキーやミヒャエル・ハネケら世界の名匠たちにも影響を与えているとされるこの作品が、マーティン・スコセッシのサポートと韓国映像資料院の協力のもと、2007年にデジタルリマスターされ、翌年にはカンヌ国際映画祭に特別上映されたことで再び大きな話題となった。そして、これほどまでの世界的傑作をリメイクするという難題に挑んだのが、『ディナーの後に』、『ティアーズ』、『浮気な家族』などで世界的な名声を確立してきたイム・サンス監督。チョン・ドヨン、イ・ジョンジェら実力派キャストを迎え、伝説を進化させることに成功した彼に、本作へ寄せた思いを聞いた。

シネマカフェ的海外ドラマvol.204 押さえておくべき! イケメン特集 第3回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.204 押さえておくべき! イケメン特集 第3回

イケメン海外ドラマスター特集第3回は、「ホワイトカラー “知的”犯罪ファイル」のマット・ボマーをご紹介。彼をイケメンと呼ばずにして誰がイケメン? なマットのあれこれに迫っていきます。

どちらを観る? 両極端の“純愛”描く『ハウスメイド』&『サンザシの樹の下で』 画像
コラム

どちらを観る? 両極端の“純愛”描く『ハウスメイド』&『サンザシの樹の下で』

“純愛ラブストーリー”とはよく聞く恋愛映画のキャッチフレーズだが、一言に“純愛”と言っても、どのポイントにその要素を感じるのか、また共感できるのかは人それぞれで異なるだろう。この夏、女性にお薦めする秀作、中国発のチャン・イーモウ監督『サンザシの樹の下で』と韓国発のイム・サンス監督『ハウスメイド』は、まさに両極端の純真ヒロインの愛と孤独を描いた作品。シネマカフェでは、公開に先駆けて両作品を鑑賞した女性読者を対象にアンケートを実施! 全く異なる愛の形に、女性たちの反応は…?

シネマカフェ的海外ドラマvol.203 押さえておくべき! イケメン特集 第2回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.203 押さえておくべき! イケメン特集 第2回

イケメン海外ドラマスター特集第2回では、「NCIS:LA」に出演しているクリス・オドネルをピックアップ。映画ファンにもおなじみの彼が、TVドラマの世界で大ブレイク中です!

【ハリウッドより愛をこめて】エミー賞候補作を徹底分析! 「マッドメン」のV4は? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】エミー賞候補作を徹底分析! 「マッドメン」のV4は?

みなさん、こんにちは! 夏真っ盛りの猛暑ですが、いかがお過ごしですか?

シネマカフェ的海外ドラマvol.203 押さえておくべき!イケメン特集 第1回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.203 押さえておくべき!イケメン特集 第1回

久々のイケメン海外ドラマスター特集第1回で取り上げるのは、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」でセクシー吸血鬼をとっても妖しく、ちょっぴりお茶目に演じているイアン・サマーハルダー。海外ドラマ好きには「LOST」のブーン役などでも知られるイアンですが、ただいま全米では彼に噛まれたい女子が急増中です。

シネマカフェ的海外ドラマvol.202 全米夢中の“ヴァンパイア”ドラマ! 後編 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.202 全米夢中の“ヴァンパイア”ドラマ! 後編

女子高生とヴァンパイアのロマンスを描き、“TVドラマ版『トワイライト』”とも称される「ヴァンパイア・ダイアリーズ」。後編では、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」ならではの“ステキ”を紐解いていきます。

シネマカフェ的海外ドラマvol.201 全米夢中の“ヴァンパイア”ドラマ! 前編 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.201 全米夢中の“ヴァンパイア”ドラマ! 前編

女子高生とヴァンパイアのロマンスを描き、全米で人気沸騰中の青春ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」がついに日本上陸! そこで、今回は前後編の形をとり、“TVドラマ版『トワイライト』”とも呼ばれる「ヴァンパイア・ダイアリーズ」が、『トワイライト』並みにステキなところ、さらには『トワイライト』よりステキかもしれないところ(?)に注目したいと思います。

シネマカフェ的海外ドラマ200回記念 アメリカ最新TVドラマ事情をお届け! 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマ200回記念 アメリカ最新TVドラマ事情をお届け!

早いもので、このコラムもついに200回を突破。そこで、今回は「アメリカ最新ドラマ情報」と題し、私が先月上旬にL.A.を訪れたときのお話をしたいと思います。

【シネマモード】この夏、恋愛偏差値を高めるなら… アジア発のこの二作 画像
コラム

【シネマモード】この夏、恋愛偏差値を高めるなら… アジア発のこの二作

ここに純粋無垢なヒロインがいます。1970年代初頭の中国に生きたジンチュウと、現代の韓国に生きるウニの二人。彼女たちが出会う運命の恋愛を描いたのが、中国の巨匠チャン・イーモウ監督の『サンザシの樹の下で』と、世界が注目する韓国人監督イム・サンスの『ハウスメイド』です。この二つの作品は、アジアが舞台であること、純真な女性が経験する身分違いの恋愛物語であること、という共通項はあるものの、実は全く異なる愛の形を描いているのです。

【ハリウッドより愛をこめて】マイケル・ジャクソン2周忌を悼んで… 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】マイケル・ジャクソン2周忌を悼んで…

先日、マイケル・ジャクソンの2周忌を迎えました。

シネマカフェ的海外ドラマvol.199 “闘う女”ニキータを徹底解剖! 最終回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.199 “闘う女”ニキータを徹底解剖! 最終回

女殺し屋ニキータと秘密組織ディヴィジョンの攻防が展開するTVドラマ「NIKITA/ニキータ」特集の最終回は、シネマカフェ読者におすすめしたいイケメンに注目していきます。

【ハリウッドより愛をこめて】公開直前、期待と混乱? ゆれる『ハリポタ』ファン 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】公開直前、期待と混乱? ゆれる『ハリポタ』ファン

みなさん、こんにちは!

シネマカフェ的海外ドラマvol.198 “闘う女”ニキータを徹底解剖! 第2回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.198 “闘う女”ニキータを徹底解剖! 第2回

女殺し屋・ニキータと秘密組織“ディヴィジョン”の攻防が展開するTVドラマ「NIKITA/ニキータ」。ヒロインのニキータを演じているマギー・Qは映画『M:i:III』や『ダイ・ハード4.0』でもおなじみの存在ですが、長時間の撮影を余儀なくされるTVドラマで主演を務めることに対し、「企画を持ち込まれてすぐに即決したわ。人生が少し変わるんだもの、もっとゆっくり考えるべきだったかもしれないけどね(笑)」と明かします。

【シネマモード】素敵な偶然をあなたにも。第一回「キタコレ世音堂」 朗読イベント 画像
コラム

【シネマモード】素敵な偶然をあなたにも。第一回「キタコレ世音堂」 朗読イベント

去る6月11日(土)、ユニークなイベントに行ってきました。それは、第一回「キタコレ世音堂(ぜのんどう)」という朗読ライブ。単なる朗読劇なら、珍しくありませんが、3人の俳優たちによって朗読される物語は、3人の小説家たちがそれぞれ創作した短編作品で、その元になっているのが3枚のお題写真。つまり、別々の人間が“(自宅から1分以内の場所にある)新しい世界”というテーマに沿って撮影した3枚の写真すべてをインスピレーション源として、3人の小説家がそれぞれ自分なりに物語を創作していくのです。

【ハリウッドより愛をこめて】セレブ妊娠ブーム到来? 最もセクシーな彼女の相手は… 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】セレブ妊娠ブーム到来? 最もセクシーな彼女の相手は…

みなさん、こんにちは! 前回のコラムでもお伝えしましたが、先週、私はとあるソーシャルネットワーキングECサイトのオープン記念イベントのお手伝いをするため、東京で数日間滞在しました。東京に住む素敵な友人たちにもたくさん会うことができたのですが、そのうちの3人がなんと妊娠していることがわかったのです! 不思議なもので、妊娠や結婚などのおめでたい報告は波のようにやって来て、いつの間にか私の周りの人たちはみんな着々とママになっていきます…。どうやら、こちらでも同じようで、いまハリウッドでは妊娠ブームが到来しているんです!

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 35
  6. 36
  7. 37
  8. 38
  9. 39
  10. 40
  11. 41
  12. 42
  13. 43
  14. 44
  15. 45
  16. 50
  17. 60
  18. 最後
Page 40 of 92
page top