最新ニュース コラム記事一覧(50 ページ目)

【ハリウッドより愛をこめて】M・キャリー、ノーメイクで挑んだ映画がヒットの予感? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】M・キャリー、ノーメイクで挑んだ映画がヒットの予感?

みなさん、こんにちは! だいぶご無沙汰してしまってごめんなさい。この数週間、私は仕事のためロサンゼルス、ボストン、そしてニューヨークを訪れていました。

【どちらを観る?】太宰のイメージを裏切る二作『ヴィヨンの妻』&『パンドラの匣』 画像
コラム

【どちらを観る?】太宰のイメージを裏切る二作『ヴィヨンの妻』&『パンドラの匣』

2009年は太宰治の生誕100年。この節目にちなんで今年から来年にかけて太宰作品を原作とした映画が4本立て続けに公開となる。5月に公開された『斜陽』に続き、10月10日(土)には『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』と『パンドラの匣』が、『人間失格』は来年公開予定だ。そこで、今回は同日に初日を迎える2本を紹介したい。

シネマカフェ的海外ドラマvol.122 「BONES」恋バナ!捜査ファイル第2回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.122 「BONES」恋バナ!捜査ファイル第2回

ただいま「BONES」の恋バナを徹底捜査中! ということで、まずは主人公ブレナンの相棒にして、良き理解者でもあるFBI捜査官、シーリー・ブース役のデイビッド・ボレアナズを直撃します。ちなみに、前回も触れた通り、インタビューを行ったのはFBIオフィスのセット内。ブースにとって馴染みのある空間にエージェント仕様のスーツ姿で現れたデイビッドは、まさに「BONES」の中から抜け出てきたかのようでした。

ファッション小噺vol.114 『わたし出すわ』じゃなく、わたし“出品”するわ!? 画像
コラム

ファッション小噺vol.114 『わたし出すわ』じゃなく、わたし“出品”するわ!?

最近は、いままでになく映画とチャリティの関わりが強くなってきています。ハリウッドだけでなく、日本でも、プロモーションも兼ねて映画公開に合わせたチャリティプロジェクトを行う動きがさかん。『子供の情景』のプロジェクトも記憶に新しいところです。いま、面白い企画といえば、「『わたし出すわ』×楽天オークション チャリティ・オークション」。

シネマカフェ的海外ドラマvol.121 「BONES」恋バナ!捜査ファイル第1回 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.121 「BONES」恋バナ!捜査ファイル第1回

被害者の遺体の骨から事件の謎を解き明かす女性法人類学者、テンペランス・ブレナンと、タフでマッチョなFBI捜査官、シーリー・ブースがコンビを組み、様々な犯罪に立ち向かう人気ドラマ「BONES−骨は語る−」。数ある犯罪捜査ドラマの中でも高い人気を誇り、シーズンを重ねるごとにファンを増やし続ける「BONES」ですが、その理由はずばり、物語の中で展開する“恋バナ”にあり!? というわけで、今回からは“「BONES」の恋バナ”を徹底フィーチャー! 撮影現場にもお邪魔し、各キャストに恋バナのあれこれを熱く語ってもらいました。

変わりやすい? 女心と秋の空vol.3 女の“騙されたい”心理炸裂『クヒオ大佐』 画像
コラム

変わりやすい? 女心と秋の空vol.3 女の“騙されたい”心理炸裂『クヒオ大佐』

不思議な女心について知りたいなら、この秋、この作品は外せません。『クヒオ大佐』。主人公は、タイトルロールのジョナサン・エリザベス・クヒオ。自称、米軍特殊部隊のジェットパイロット。父はカメハメハ大王の末裔で、母はエリザベス女王の夫のいとこという華麗なるも怪しげな出自の男です。この男、「そんなバカな」と思った方ならもうおわかりのように、詐欺師です。しかも驚くのは、「結婚すれば、米軍から結婚支度金5千万円が出ます」と語り、口八丁手八丁で、女心を翻弄し、女性たちから推定1億円を騙し取ったという実在の詐欺師。堺雅人が、かなりコミカルで滑稽、でもちょっと胸がきゅんとなるような、インチキ至極の男を演じています。が、いくら堺雅人ばりのイイ男でも、こんな怪しげな付け鼻男には騙されないと思う人も多いでしょう。ではなぜ女たちは1億円も騙し取られたのか。その謎を解明してくれるのが、映画『クヒオ大佐』なのです。

世界の映画館vol.29〜アジアの旅〜 ミャンマー・お坊さんが違法DVDを選ぶ? 画像
コラム

世界の映画館vol.29〜アジアの旅〜 ミャンマー・お坊さんが違法DVDを選ぶ?

世界で映画館が一番多い国はアメリカ、2位がインド…ならば世界で映画館が一番多い街はどこなのだろう。ミャンマーはヤンゴンの街を歩きながら、なぜかそんなことを考えた。自分が予想していたより映画館の数が多かったからかもしれない。ヤンゴン中央駅の近くだけで映画館は4、5館ある。シネコンタイプの映画館もあるが、それぞれが独立したどこか懐かしさの残る映画館もある。大きなイメージポスターが張られている映画館もあれば、手描きの看板で描かれている映画館もあり、ハリウッド映画、インド映画、ミャンマー映画とこの街では様々な映画を観ることができる。中には韓国映画を特集している映画館もあった。

ファッション小噺vol.113 あの名作のあのロケ地 香港&『ダークナイト』 画像
コラム

ファッション小噺vol.113 あの名作のあのロケ地 香港&『ダークナイト』

今回は、ちょっと趣向を変えてDVDの話題です。ファッションの話題ではありません。ごめんなさい。

みずみずしく純粋な空気人形に、感情の素晴らしさを再確認『空気人形』 画像
コラム

みずみずしく純粋な空気人形に、感情の素晴らしさを再確認『空気人形』

原作は2000年に発表された業田良家のわずか20ページの短編漫画。空気人形がある日心を持ち、恋をするラブ・ファンタジーだ。短いながらも圧倒的インパクトを持つ原作の世界観に魅了された是枝裕和監督は「この作品をどうしても映画化したい」と、即映画化に向けて行動に出たそうだが、1998年の『ワンダフルイライフ』以降、『DISTANCE』、『誰も知らない』、『歩いても 歩いても』など、つねにオリジナル・ストーリーにこだわってきた監督にとってそれは異例のこと(監督第1作目『幻の光』はオファーがあって引き受けた作品)。

変わりやすい? 女心と秋の空vol.2 女の性と宿命描く『あの日、欲望の大地で』 画像
コラム

変わりやすい? 女心と秋の空vol.2 女の性と宿命描く『あの日、欲望の大地で』

変わりやすいものの代表格といえば、女心と秋の空。今月は、揺れ動く女性の心を見事に描写した作品をご紹介しています。第二弾は、『あの日、欲望の大地で』。この作品、静かな語り口なのに、心を揺さぶるほどの激しさと切なさがじんわりと身にしみる秀作です。監督は、『アモーレス・ぺロス』、『21グラム』、『バベル』の脚本家ギジェルモ・アリアガ。繊細な人間心理を描く巨匠、待望の監督デビュー作です。

ウィル・フェレル臭満載! 一家で鑑賞はススめない?『マーシャル博士の恐竜ランド』 画像
コラム

ウィル・フェレル臭満載! 一家で鑑賞はススめない?『マーシャル博士の恐竜ランド』

70年代に人気を博したキッズ向けTVシリーズから発想を得て、壮大なアドベンチャー世界を作り上げた『マーシャル博士の恐竜ランド』。となれば、一足遅れてやって来た夏休み映画の香りが漂ってくるが、主演が全米の大人気スター、ウィル・フェレルとなると事情が違ってくる。

シネマカフェ的海外ドラマvol.120 胸キュン男のスマイル最終回はこのカレ! 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.120 胸キュン男のスマイル最終回はこのカレ!

最後にご紹介する4人目のスマイルさんは、ちょっと上級編です。普段は日本で見られる海外ドラマを中心に取り上げている本コラムですが、彼を紹介せずしてこのお題は終われない! ということで、日本未上陸作「ザ・メンタリスト」(原題)から主人公パトリック・ジェーンのスマイルさんぶりに迫りたいと思います。

ジャームッシュ流“異色”殺し屋&豪華案内人が絶妙『リミッツ・オブ・コントロール』 画像
コラム

ジャームッシュ流“異色”殺し屋&豪華案内人が絶妙『リミッツ・オブ・コントロール』

鬼才ジム・ジャームッシュの監督最新作は、スペインを舞台にした、いわくありげな不可思議世界を突きつけるロードムービー。「自分こそが最も偉大だと思っている男を墓場に送れ」。そんな指令を受け取った男が、スペインを巡り、行く先々で謎の暗号を受け取りながら、目指すターゲットへと迫っていく。

変わりやすい? 女心と秋の空vol.1 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 画像
コラム

変わりやすい? 女心と秋の空vol.1 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』

変わりやすいものの代表格といえば、女心と秋の空。予測がつかず、一寸先もどうなるかわからない。9月はそんな女心を見事にとらえた作品をご紹介したいと思います。

シネマカフェ的海外ドラマvol.119 胸キュン男スマイル第3回「TUDORS」 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.119 胸キュン男スマイル第3回「TUDORS」

今回ご紹介する3人目のスマイルさんは、歴史ドラマ「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」のヘンリー8世。実はこの「THE TUDORS」、私自身が日本上陸をいまかいまかと待ちわびていた大注目海外ドラマの1本であり、この度、ついにCSチャンネル、AXNミステリーでの放送が決定しました!

世界の映画館vol.28〜アジアの旅〜 マレーシア・イポー、映画館が潰れていく… 画像
コラム

世界の映画館vol.28〜アジアの旅〜 マレーシア・イポー、映画館が潰れていく…

ガイドブックによるとイポーという街は、マレーシアで三番目に大きな街なのだそうだ。しかし、どちらかというと郊外に大型ショッピングモールができてしまい駅前が閑散としてしまった日本の地方都市に似ている。ホテルも併設されているマレー鉄道イポー駅の建物は歴史的建造物としては立派だが、乗客も宿泊客もほとんど見当たらない。そもそもこの駅には一日に数本しか電車は停まらないのだ。駅前の道路を渡った反対側にこれまた立派な市民ホールが建っているが使っている気配は全くない。駅の近くには素敵な趣ある建物は多いのだが、人の気配をほとんど感じないのである。

【どちらを観る?】愛か自由か? 松ケン『カムイ外伝』VS小栗旬『TAJOMARU』 画像
コラム

【どちらを観る?】愛か自由か? 松ケン『カムイ外伝』VS小栗旬『TAJOMARU』

いま、時代劇映画のヒーローに熱い視線が注がれている。日本映画界を牽引する若手実力派、松山ケンイチと小栗旬がそれぞれ主演を張る『カムイ外伝』と『TAJOMARU』だ。

シネマカフェ的海外ドラマvol.118 胸キュン男のスマイル第2回「マッドメン」 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.118 胸キュン男のスマイル第2回「マッドメン」

今回ご紹介するスマイルさんは、エミー賞作品賞にも輝いた超話題作「マッドメン」のドン・ドレイパー。前回登場した「デクスター」のデクスター・モーガンとは、ひと味もふた味も違う笑顔の持ち主です。と言うのも、ドンは現代とは常識の異なる60年代ニューヨークに生き、欲望渦巻く広告業界で活躍している敏腕広告マン。大手広告代理店のクリエイティブ・ディレクターとして商品を売るための知恵やアイディアをひねり出す一方、クライアントをいろいろな意味で満足させなくてはならない彼にとって、笑顔はある種の武器でもあるのです。

【ハリウッドより愛をこめて】ホイットニー7年ぶりの復活ライヴに潜入! 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】ホイットニー7年ぶりの復活ライヴに潜入!

秋に向けてのこの季節、ニューヨークはとても綺麗ですよ! 先日、行ってきたのですが、暑くもなく涼しくもなく、とても過ごしやすい陽気でした。

普通の男が発揮する底力…名演光る重厚サスペンスに唸る『サブウェイ123 激突』 画像
コラム

普通の男が発揮する底力…名演光る重厚サスペンスに唸る『サブウェイ123 激突』

『マルコムX』、『ザ・ハリケーン』、『トレーニング デイ』をはじめ数多くの主演作で“強い男”を演じてきた俳優が、25ポンド(約11キロ)体重を増やし、メガネをかけている。続けてコーヒーをうっかり自分にひっかけてしまうようなドジな一面が映し出される──その姿を見て「えっ? この人、デンゼル・ワシントンだよね…」と疑問に思うのは当然だろう。そう、2度のアカデミー賞に輝くデンゼル・ワシントンが『サブウェイ123 激突』で演じるのは、ごく普通の男。本作はそんな普通の男がいざというときに発揮する底力を描いた重厚なサスペンス・ドラマだ。

シネマカフェ的海外ドラマvol.117 胸キュン男のスマイル第1回「デクスター」 画像
コラム

シネマカフェ的海外ドラマvol.117 胸キュン男のスマイル第1回「デクスター」

男性に惹かれるポイントは、魅惑的な瞳だったり、たくましい胸板だったり…と人それぞれ。けれど、笑顔が素敵な男性には、いつだって誰だって心ときめいてしまうものではないでしょうか? 相手の心を魅了するのが笑顔なら、自分自身を元気づけるのもまた笑顔。今回からは、そんなスマイル自慢のイケメンさんたちに迫っていきたいと思います! ただし、笑顔の裏側には様々な事情が隠されていますのでご注意を…。

世界の映画館vol.27〜アジアの旅〜 マレーシア・南の島の寒い映画館 画像
コラム

世界の映画館vol.27〜アジアの旅〜 マレーシア・南の島の寒い映画館

友人と飲みながらいままで回った世界の映画館の話をしていたときのことである。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 92
page top