加瀬亮が宮沢りえのワガママを告発? 『オリヲン座からの招待状』公開

最新ニュース

『オリヲン座からの招待状』初日舞台挨拶
  • 『オリヲン座からの招待状』初日舞台挨拶
  • 「ドキドキしながら初日を迎えた」という宮沢りえ
  • 加瀬亮だけが知る宮沢りえのワガママっぷりとは?
季節の移ろいが美しい京都の街にひっそりと佇む、昔ながらの映画館「オリヲン座」。この映画館を守り抜こうとする男と女、そして彼らを取り巻く人々のドラマを優しく描いた『オリヲン座からの招待状』。浅田次郎の人気短編小説を原作にした本作が11月3日(土・祝)に公開を迎えた。初回上映後の舞台挨拶に、主演の宮沢りえ、加瀬亮と原田芳雄、そしてメガホンを取った三枝健起監督が登壇した。

映画を観終わったばかりの観客に向けてりえさんは「こんにちは、トヨです」と挨拶。「初日というのは何度迎えてもドキドキしますが、これだけのお客さんに集まっていただけて嬉しいです」。そして、撮影の日々を「スタッフ、監督、共演者と共に毎日、どうやったらお客さんに伝わるのかと試行錯誤を重ねながら前に進みました」とふり返るりえさん。一番印象に残っているシーンを聞かれると、自転車に乗るシーンを挙げ、「言葉ではなく、ただ自転車をこぐということだけで、人間の気持ちってこんなに変化していくんだな、と演じる人間としてすごく新鮮に感じました」と語ってくれた。このシーン、自転車をこぎだす前にりえさんが鳴らすベルの音が印象的だが「台本にはなかったけど思わず鳴らしてしまった」のだとか。そして作品について「私がこの作品に教えられたのは、一人ではできないことが、誰かがそばにいるだけで、勇気が湧いたり笑顔が一つ増えたりするという人と人との温度の交換。目には見えないけど素敵です」と笑顔で語ってくれた。

三枝監督はそんなりえさんの姿勢を絶賛。「彼女は全身から醸し出されるような雰囲気を持ってます。しかも考え方に関しても、僕の5倍くらい深く内容を読み込んで、次々と素晴らしいアイディアを出してくださるんです。良い意味で、毎日喧嘩しながら勉強したという感じです。彼女のおかげで私の映画撮影のスタイルが変わったと言えると思います」と語った。

館主亡き後、トヨと共に「オリヲン座」を守り続ける留吉を演じた加瀬さんには、司会者から“りえさんとの共演で気をつかったところは?”という何とも不思議な質問が。これに加瀬さんは「いやぁ、ワガママなんで毎日大変でしたよ」と即答。これに対しりえさんは、異議ありとばかりに「ちょっと後で話し合いましょう!」。この2人のやり取りに会場からは笑いがわき起こった。加瀬さんにも印象に残ったシーンを尋ねると「タチアオイの花が出てくるシーンと、セミに話しかけるシーン」と、詩情あふれる2つのシーンを挙げてくれた。

加瀬さん扮する留吉の現在の姿を演じた原田さんは、満員の観客を前に自らの役に合わせて「招待状の送り主として、これだけの方に来ていただき嬉しい限り」と笑顔で語る。老年の留吉を演じることについて「何と言っても加瀬くんと宮沢さんですからね。リレーで言えばアンカーみたいなものですから。ここで全部抜かれたら? というプレッシャーはずいぶんありました」と明かす。さらにポロリと「まぁ僕は加瀬くんのなれの果てなんで…(笑)」と語ると会場は大きな笑いに包まれた。

『オリヲン座からの招待状』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top