吉永小百合が撮影中に意外なジョークを披露? 『まぼろしの邪馬台国』完成披露試写会

日本史最大の謎と言われる邪馬台国の探求に情熱を傾けた盲目の郷土史家・宮崎康平と献身的に彼を支え続けた妻の和子の旅路を感動的に描いた『まぼろしの邪馬台国』。本作の完成報告会見ならびに披露試写会が9月29日(月)に開催された。映画の上映前には舞台挨拶が行われ、主演の吉永小百合と竹中直人に窪塚洋介、柳原可奈子、由紀さおり、風間トオル、綾小路きみまろ、宮崎香蓮、そして堤幸彦監督が登壇した。

最新ニュース レポート
『まぼろしの邪馬台国』記者会見に出席した吉永小百合、竹中直人、宮崎香蓮。
  • 『まぼろしの邪馬台国』記者会見に出席した吉永小百合、竹中直人、宮崎香蓮。
  • 佐々木一馬役の窪塚洋介。
  • 劇中、窪塚さんとのキスシーンも披露している柳原可奈子。
日本史最大の謎と言われる邪馬台国の探求に情熱を傾けた盲目の郷土史家・宮崎康平と献身的に彼を支え続けた妻の和子の旅路を感動的に描いた『まぼろしの邪馬台国』。本作の完成報告会見ならびに披露試写会が9月29日(月)に開催された。映画の上映前には舞台挨拶が行われ、主演の吉永小百合と竹中直人に窪塚洋介、柳原可奈子、由紀さおり、風間トオル、綾小路きみまろ、宮崎香蓮、そして堤幸彦監督が登壇した。

女性ファンの黄色い声援を受けて舞台に登場した窪塚さんが演じたのは、康平の会社の労働組合委員長・佐々木一馬。佐々木は、柳原さん扮するバスガールの玉子の恋人でもあるが、窪塚さんは「最初にそれを聞いたときはプロデューサーに『大丈夫なのか?』と電話した」、「台本では1回だけなのに、本番ではキスシーンがやたらと増えて、キスばかりしてた」などの製作過程でのエピソードを明かして会場の笑いを誘った。

和子を演じた吉永さんは「実在の、いまも生きてらっしゃる方を演じるのは初めてのことでした。撮影の前に実際にお会いしたら、明るくてエネルギーにあふれている方で『この人をそのまま演じればいいんだ』と感じました」と語った。そんな吉永さんは撮影現場では意外とコミカルな一面も見せてくれたようで、夫婦を演じた竹中さん曰く「カメラが故障して、カメラマンさんが『トラブった!』って言うと『え? 竹中さん。カメラがジョン・トラヴォルタですか?』っておっしゃってました(笑)」。そんな吉永さんと竹中さんは「映画の撮影後も“和子”、“康平さん”という役名で呼び合いながらメールを交換してます」(吉永さん)とのこと。

竹中さんは吉永さんとの共演について「スクリーンの中の吉永さんは僕にとって夢のような存在です。その吉永さんと共演させていただいたこの映画は僕の誇りであり、世界中に自慢したい気持ちです」と目を輝かせた。

きみまろさんは、この日も歯に衣着せぬトークを連発。拍手で迎えた客席に対しては「気力のない拍手をありがとうございます」。さらに「撮影で島原(長崎県)まで飛ばされまして、憧れの吉永さんとお会いして、何ときれいな方なのかと思いました。私の母の若い頃にそっくりでした。実は私は母親似なのです!」と堂々と語り、会場は爆笑に包まれた。

由紀さんも撮影をふり返り「吉永さんとは歌の世界で長くご一緒させていただいていましたが、映画での共演は初めてでした。歌うときとはまた違った、吉永さんの凛とした表情を間近で見せていただきました」と語った。

窪塚さんとのキスシーンについて「緊張して前日から眠れず、胃が荒れてフリスクばかり食べてました」とふり返った柳原さん。きみまろさんからの「君はこの作品でスクリーン“デブ”を果たしたんだっけ?」という問いかけに、すかさず「デビューです!!」と怒りを込めて返すと、客席からは大きな笑いが起こった。

風間さんが演じた矢沢は康平の秘書。康平が階段を下りるのを助けるシーンがあるが、「階段を下りて、康平さんが消えていく場面なんですが、竹中さんが下り終わった後で、スタッフに見えないところでわざと絶叫したんです。僕も同じように絶叫して、2人して階段から転げ落ちたかのように思わせまして(笑)」といたずらを告白したが、スタッフはかなり肝を冷やしたのでは…?

和子の幼少時代を演じた香蓮さんは、康平と和子の実の孫。会見の席で香蓮さんは「祖父は、私が生まれる前に亡くなりましたが、映画のおかげで、私は祖父と祖母が並んで歩く姿を見ることが出来ました」と嬉しそうに語った。

堤監督はいまの時代を「大変厳しい時代」とし、「いま、どんな映画が必要かと思いを巡らせ、運命に対して元気であった宮崎さんを追うことがその答えになると考えてこの映画を作りました」と力強く語った。

また、この日はキャスト陣により、康平さんが作詞作曲した「島原の子守唄」の合唱も披露され会場は温かい拍手に包まれた。

『まぼろしの邪馬台国』は11月1日(土)より全国東映系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top