英国プリンス登場に世界が注目! 『007』最新作ワールドプレミア

ダニエル・クレイグ扮する6代目ジェームズ・ボンドが、世界をまたいで壮絶なアクションを繰り広げる、『007』シリーズ最新作『007/慰めの報酬』。来年1月の日本公開を前に10月29日(水)、本国ロンドンのオデオン・レスター・スクエアにて、本作のワールドプレミアが開催され、ダニエルらキャスト・スタッフが集結! 前作『カジノ・ロワイヤル』でのエリザベス女王に続き、英国のプリンス、ウィリアム、ヘンリー両王子が臨席し、国を挙げての盛り上がりを見せた。

最新ニュース
『007/慰めの報酬』ワールドプレミアにて 両王子との会話を楽しむダニエル・クレイグとオルガ・キュリレンコ
  • 『007/慰めの報酬』ワールドプレミアにて 両王子との会話を楽しむダニエル・クレイグとオルガ・キュリレンコ
ダニエル・クレイグ扮する6代目ジェームズ・ボンドが、世界をまたいで壮絶なアクションを繰り広げる、『007』シリーズ最新作『007/慰めの報酬』。来年1月の日本公開を前に10月29日(水)、本国ロンドンのオデオン・レスター・スクエアにて、本作のワールドプレミアが開催され、ダニエルらキャスト・スタッフが集結! 前作『カジノ・ロワイヤル』でのエリザベス女王に続き、英国のプリンス、ウィリアム、ヘンリー両王子が臨席し、国を挙げての盛り上がりを見せた。

両王子登場のロイヤル・プレミアとあって、会場の警備には警察官200人、そして世界各国から500人もの報道陣がスタンバイ。ダニエルが永年のパートナーでありプロデューサーのサツキ・ミッチェルを伴ってレッドカーペットに登場すると、会場の外に押し寄せた約3,000人もの観衆から大歓声が上がった。さらに、両王子が姿を現すと、ダニエル以上の歓声が上がり、英国王室の人気を知らしめた。

今回のプレミアは、英国軍に在籍中の両王子たっての希望によるチャリティ試写となっており、収益金は英国軍人や退役軍人およびその家族のために活動している「HELP FOR HEROES」、「THE ROYAL BRITISH LEGION」という団体に寄付される。この日もおよそ200人の退役軍人たちが招待され、劇場前にて両王子を出迎えた。

劇場に入る前には、両王子は約30分にわたりダニエルやマーク・フォースター監督らスタッフ、新ボンドガールのオルガ・キュリレンコ、ジェマ・アタートンらキャストと会話を楽しんだ様子。ほかにもゲストとして本作の主題歌を歌っているジャック・ホワイトやトップモデルのエル・マクファーソンなどが来場し、イベントを華やかに盛り上げていた。最後に、ダニエルは日本のファンに向けて「日本に行くよ」とコメント! 11月の来日とジャパンプレミアへの期待を語ってくれた。

『007/慰めの報酬』は2009年1月、サロンパス ルーブル丸の内ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top