チョン・ジヒョン、次はキムタクと日韓競演? 『ラスト・ブラッド』ワールド・プレミア開催

日本国内のみならず、世界各国のクリエイターから高い評価を受けるフルデジタルアニメーションを原作に、一人運命と闘う少女を描いたサバイバル・アクション『ラスト・ブラッド』。5月29日(金)の世界最速公開を前に、主演のチョン・ジヒョンが来日し、27日(水)に行われた本作のワールド・プレミアにて共演の小雪と再会を果たした。さらに、本作に出演するアクションの名優、倉田保昭が登壇し公開の喜びを語った。

最新ニュース
『ラスト・ブラッド』で日韓競演を果たした小雪(左)とチョン・ジヒョン(右)
  • 『ラスト・ブラッド』で日韓競演を果たした小雪(左)とチョン・ジヒョン(右)
  • 『ラスト・ブラッド』 チョン・ジヒョン
  • 『ラスト・ブラッド』 小雪
  • 『ラスト・ブラッド』ワールド・プレミアにて(左から)倉田保昭、小雪、チョン・ジヒョン、石川光久(プロダクションI.G.社長)
  • 敬愛すべきはやはり、ブルース・リー
  • 撮影を通してすっかり意気投合した二人
  • クールな白ワンピと和服の対照的な美しさ
  • 同じ女性として互いを高め合う関係
日本国内のみならず、世界各国のクリエイターから高い評価を受けるフルデジタルアニメーションを原作に、一人運命と闘う少女を描いたサバイバル・アクション『ラスト・ブラッド』。5月29日(金)の世界最速公開を前に、主演のチョン・ジヒョンが来日し、27日(水)に行われた本作のワールド・プレミアにて共演の小雪と再会を果たした。さらに、本作に出演するアクションの名優、倉田保昭が登壇し公開の喜びを語った。

倉田さん率いるアクション集団・倉田プロモーションによる壮大な舞台演出で幕を開けたこの日のイベント。上空からセーラー服姿の主人公・サヤに扮したアクション俳優が登場するや、敵との激しい殺陣を披露し、壇上にある巨大風船を一刀両断すると、純白の豪華ドレスに身を包んだジヒョンと艶やかな和装の小雪さんの日韓美女が姿を現した。「こんばんは、私はチョン・ジヒョンです」と日本語で挨拶したジヒョン。公開を直前に控え「私にとって本格的なアクションへの挑戦で、大変なことの連続でした。特に、制服を着て雨に濡れながらのアクションは精神的にも大変でしたが、頑張って撮影しました。日本だけでなく各国で多くのファンがいる素晴らしい作品で、強烈な役を演じられたことは女優として、とても光栄です。ファンのみなさまの期待に何とか応えられるように頑張りましたので、どうかたくさんの愛情を注いでください」と作品に対する思いを口にした。

奇しくも同日、“男版”日韓競演となった木村拓哉とイ・ビョンホンによる『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』、そしてイベント会場裏の代々木体育館では『ROOKIES』と大作のイベントが重なったが、小雪さんは「今日はいろいろと行事がおありかと思いますが(笑)、こうやってみなさんと楽しい時間を過ごすことができて嬉しいです」と涼しげな笑顔。

また、ジヒョンは「次に日本で共演したい人は?」との質問に、知ってか知らずか「木村拓哉」と答え、会場を沸かせた。続けて「オダギリジョーさんなど、日本には素晴らしい俳優さんがたくさんいますよね。これからもいろんな国の人たちが一つになって共感していけたら素敵ですね」と、多国籍の映画作りに期待を見せた。

自身もその鍛え抜かれたアクションを本作で発揮する倉田さんは、ジヒョンについて「最初に演技を見たとき、全身で演技をされてて、すごい女優さんだなと思った」と絶賛。小雪さんも「お会いする前は、役の中で可愛らしくて一瞬にして観る人を引き込む力がある方だなと思ってたので、どういう可能性を内に秘めているのだろうと、彼女に対する興味からこの出演を決めたところもあります。近い国でありながら、なかなか仕事で会うことができなかったので、今回肌で感じることが出来て、女優としていい刺激を受けました」とジヒョンとの共演の喜びを語った。そして最後に、「この映画は一人の少女が自分の運命を真剣に切り開いていくという、切なくてパワーのある、いろんなメッセージが詰まった作品。そういうふうに一生懸命に生きる人はとても魅力的だと思います。みなさんにとっても何か歩みだすきっかけとなれば嬉しいです」と作品から伝えるメッセージを贈った。

『ラスト・ブラッド』は5月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top