【どちらを観る?】夏、沖縄へ誘う——『群青 愛が沈んだ海の色』&『真夏の夜の夢』

最愛の男性を失い、絶望に打ちひしがれるヒロインの心の再生を描く『群青 愛が沈んだ海の色』と、恋に破れて帰郷したヒロインが、島の精霊を巻き込んだ騒動を繰り広げる『真夏の夜の夢』。共に沖縄の島を舞台にし、共に愛や恋に翻弄される美しいヒロインを擁した2作がこの夏に観られる。

最新ニュース コラム
『真夏の夜の夢』 -(C) 2009「真夏の夜の夢」パートナーズ
  • 『真夏の夜の夢』 -(C) 2009「真夏の夜の夢」パートナーズ
  • 『群青 愛が沈んだ海の色』 -(C) 2009「群青」製作委員会
  • 『真夏の夜の夢』 -(C) 2009「真夏の夜の夢」パートナーズ
最愛の男性を失い、絶望に打ちひしがれるヒロインの心の再生を描く『群青 愛が沈んだ海の色』と、恋に破れて帰郷したヒロインが、島の精霊を巻き込んだ騒動を繰り広げる『真夏の夜の夢』。共に沖縄の島を舞台にし、共に愛や恋に翻弄される美しいヒロインを擁した2作がこの夏に観られる。

1本目の『群青 愛が沈んだ海の色』は、いまをときめく長澤まさみ主演のシリアスなラブストーリー。長澤演じるヒロイン、凉子が幼なじみの青年・一也と結婚を誓い合う仲になるものの、思わぬアクシデントで彼を亡くす悲劇が物語の中心となる。妻に先立たれ、忘れ形見である凉子に深い愛情を注いできた父も、凉子のもうひとりの幼なじみで、彼女に密かな恋心を寄せ続けてきた青年・大介も、愛を失って沈む彼女を黙って見守るしかなく…。この作品で描かれる沖縄の海は、従来の明るく楽しいイメージから離れ、凉子を残酷な運命へと導く非情な存在として登場する。一也が命を落とした場所であり、その後も再び凉子に試練を与える沖縄の海。けれども、その海の青はやはり美しく、観る者を魅了する側面も持ち合わせている。

2本目の『真夏の夜の夢』は、シェイクスピアの同名戯曲をアレンジしたハートウォーミング・ストーリー。不倫相手との関係に疲れたヒロイン、ゆり子(柴本幸)が東京から帰郷。そんな彼女の前に現れた島の精霊・マジルーが、ゆり子を元気づけようと、“恋の秘薬”を使って活躍するが…。ファンタスティックな喜劇として親しまれたシェイクスピアのオリジナル同様、テイストはコミカルで軽快。ゆり子はもちろん、彼女を追って来た不倫相手やその妻を大らかに迎え入れる沖縄の自然も、ゆり子を取り巻く島の個性的な人々も、折に触れ奏でられる音楽も、ハッピーな気分へと誘う存在として、恋のドタバタ騒動に寄り添っている。

『群青 愛が沈んだ海の色』を手がけたのは、『青い魚』、『真昼ノ星空』などの中川陽介。一方、『真夏の夜の夢』を放ったのは、『ナビィの恋』、『ホテル・ハイビスカス』などの中江裕司。それぞれ沖縄を舞台に作品を撮り上げてきた両監督だが、当然ながら作風は全く別物。シビアな現実の中で圧倒的な美しさを誇る青い海と、降り注ぐ太陽の下、カラフルなハッピーオーラを放つ豊かな大自然。この夏、触れてみたいのはどっち?

《text:Hikaru Watanabe》

特集

関連記事

特集

page top