中谷美紀 アンパンマンの少女役に「いいものですねぇ」

女優の中谷美紀が6月2日(水)、都内スタジオで、アニメの声優に初挑戦する映画『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』のアフレコ収録に臨んだ。

最新ニュース レポート
『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
女優の中谷美紀が6月2日(水)、都内スタジオで、アニメの声優に初挑戦する映画『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』のアフレコ収録に臨んだ。

声優は、デンマークの人形映画『ストリングス〜愛と絆の旅路』に続いて2度目。アニメの声優初挑戦に「最近ヘビーな役が多く、お家に帰ってグッタリしてしまうので、アンパンマンと聞いて『ぜひやらせてください』と言いました。アニメの世界に入った途端、繕っていた心や体裁、ごまかしていたいろんなことが外れ、純粋な気持ちで(お客さんに)伝えたい、と思いました」とニッコリ。アフレコを終えると「キャラクターに口を合わせるのは決して簡単ではありませんでした」と実力派らしからぬ感想も。

本作はシリーズ第22弾で、中谷さんは暗闇の森に住む闇の女王ブラックノーズに育てられた、ヒナ鳥の化身の少女カーナ役。最近では、今年公開の映画『スイートリトルライズ』で不倫する人妻役、昨年のTBSドラマ「JIN-仁-」では最高位の花魁役など大人の役が続いており、ギャップのある役どころに「いいものですねぇ〜、背伸びする必要はない、しなくていいんだ、と思いました」とはにかんだ。

劇中では歌にも挑戦しており、「得意ではないので、監督(矢野博之)に『ヘタですけど一生懸命やりますのでいいですか?』と聞いたら、『気持ちがこもっていればいいですよ』とおっしゃってくださったので、ヘタなりに一生懸命やりました」と報告。

歌については「私たち(女優、俳優)が長い期間かけて作ってきたものより、1分とかで人の心を動かしたりするから、すごい」としみじみ。と言いつつ「よく映画でも最後に主題歌がかかったところで(観客が)泣いたりするのを見ますけど、映画と主題歌とどっちなんだろう? と思ったりします」とちょっぴり敗北感をにじませ苦笑いしていた。

『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』は7月10日(土)より銀座テアトルシネマほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top