榮倉奈々が最新ヒロイン!映画『アンパンマン』名女優揃いの歴代ヒロインに注目

映画シリーズ31作目『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』にヒロイン・バニラ姫役として登場するのは榮倉奈々。過去の作品でも多くの女優陣がヒロインの声優に抜擢されてきた。

映画 邦画ニュース
『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 榮倉奈々
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
30年以上もの長い間、日本中に“愛と勇気”を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。その生みの親・やなせたかし氏の生誕100周年にあたる今年、まもなく公開される映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』。アンパンマンの映画シリーズは本作で31作目となり、ヒロイン・バニラ姫役として登場するのは榮倉奈々。過去の作品でも多くの女優陣がヒロインの声優に抜擢されてきた。

>>『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』あらすじ&キャストはこちらから

『それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ』(2002年)ローラ姫/黒木瞳



黒木瞳
2002年に公開された映画シリーズ第14作目となる本作では、“うきぐも城”のお姫様であるローラがヒロイン。黒木瞳がローラ姫の声優を務めた。“ローラの雨”で世界の汚れを綺麗にする仕事につくローラ姫とアンパンマンたちが一緒になって、ばいきんまんから世界を救うべく奮闘。本作は「大気汚染」がテーマに描かれており、世界を汚れから救う使命を全うしようと奮闘するローラ姫を、本作で声優初挑戦となった黒木さんが演じている。

『それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン』(2007年)プルン/水野真紀


2007年に公開された、映画シリーズ第19作目となる本作では、“シャボン玉城”に住むシャボン玉ガールズのひとり、プルンがヒロイン。水野真紀がプルンの声優として出演した。プルンはほかのメンバーのように大きなシャボン玉を作れないのが悩みだったが、アンパンマンたちと出会うことで自信を取り戻していくというストーリーで、最新作のヒロインであるバニラ姫と同じような悩みを抱えている。本作では「みんなと同じでなくてもいい」というテーマをプルンの成長の中で伝えており、プルンの心情を水野さんが見事に演じきっている。

『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』(2010年)カーナ/中谷美紀


『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』アフレコ photo:Yoko Saito
2010年に公開された、映画シリーズ第22作目となる本作では、カナリアの雛鳥の化身である女の子、カーナがヒロイン。中谷美紀がカーナの声優として出演している。カーナは闇の女王ブラック・ノーズに人間の姿に変えられ育てられた女の子で、「歌やダンスや美味しいパンは間違った幸せ」と教わってきたカーナが葛藤を乗り越え、真の幸せを見つける物語。本作は「歌」がテーマとなっており、歌を歌えば元気になり笑顔になれるというメッセージを描いた作品で、中谷さんも劇中で歌声を披露している。

『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』(2012年)バンナ/木村佳乃


『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』木村佳乃(女王・バンナ役)アフレコ取材
2012年に公開された、映画シリーズ第24作目となる本作では、木村佳乃がバンナの声優として出演。おいしいバナナがいつもあふれる南の国、バナナ島の女王・バンナがヒロインとなった。バンナは寒さのためにバナナが枯れてしまったバナナ島を救おうと、アンパンマンたちと一緒に奮闘。本作は「復興」をテーマにした作品で、バナナ島に訪れた災害から女王として島を守ろうとするバンナを木村さんが演じきった。

『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(2019年)バニラ姫/榮倉奈々


『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
31作目となる本作は、“アイスの国”のお姫様“バニラ姫”とアンパンマンたちが“アイスの国”を救うために奮闘する物語。バニラ姫を榮倉さんが演じ、その教育係・ジェラート大臣役を「ANZEN漫才」みやぞん、ばいきんまんが作った最強メカ“バイキンアイスロボ”役を同・あらぽんが担当している。

榮倉さんは声優に抜擢されたことについて「子供の頃から大好きな作品でした! 31歳になった今も私の心に残っているアンパンマン。映画を観てくださる誰かの心に残るバニラ姫になれるよう、頑張りたいと思っています」と、アンパンマンの声優に携わることへ意気込みを語っている。

『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
また、「今は自分の子供と一緒に楽しませてもらっているところです。そんな作品に参加できるなんて、嬉しい有難い×1000な気持ちです!」とも語っており、特別な想いを持って作品に臨んでいるのが伝わってくる。作品ごとに時代に即したテーマで、名女優たちが繋いできた“映画アンパンマン”ヒロイン声優。そのバトンを受け取った榮倉さんの演技に注目していて。

『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019
『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』は6月28日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top