三浦友和&三浦貴大『RAILWAYS』初日舞台挨拶でついに“親子初共演”実現

最新ニュース

『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶で初共演した三浦親子
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶で初共演した三浦親子
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
  • 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』初日舞台挨拶
俳優の三浦友和が主演する『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の初日舞台挨拶が12月3日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、三浦さんの次男で前作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に出演した三浦貴大がサプライズ登壇した。友和さんと貴大さんが、公の場でツーショットを披露するのは今回が初めて。貴大さんから、物語の重要なアイテムである“ブレーキハンドル”を手渡された友和さんは「これ、本物(笑)? もうちょっと違う形で共演したかったが、ありがとう。驚きました」と感無量の面持ちだった。

一方、貴大さんは「初日、本当におめでとうございます。ここに来ることができて、うれしいです」とこちらは少々緊張気味。『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』は俳優デビュー作とあって、「思い入れが重過ぎる作品。さっきもこのブレークハンドルを見たら、涙が出そうになった」と感動しきりだ。撮影前には、友和さんが「このスタッフさんはどんな人?」と貴大さんに電話で“下調べ”したのだとか。「おかげで現場に入りやすかった」と笑顔でふり返る。

富山県を舞台に、三浦さん演じる鉄道運転士が定年を機に、突然、長年連れ添った妻に離婚届を突きつけられ、夫婦のあり方や生き方を見つめ直す。舞台挨拶には三浦さん親子に加えて、妻を演じる余貴美子を始め、中尾明慶、小池栄子、吉行和子、蔵方政俊監督、製作総指揮の阿部秀司氏が登壇した。

余さんは「夫の最後の優しい言葉を期待しながら、運命共同体として同じレールに乗って旅する夫婦の物語。人と人との関わりを考えました」。夫婦の娘役を演じた小池さんは「台本の段階から涙が出ました。身近な人に普段は言えない感謝を伝えたくなる作品」とこちらも本作を通して、大切なものを再確認した様子だ。一方、後輩運転手を演じた中尾さんは「パート5くらいで、主人公になれれば」と少々気が早い“抱負”を語り、笑いを誘っていた。

『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top