仲間由紀恵、「強い信念を持つ人がみんなを引っ張っていく」と若者にエール

NHKのBS時代劇で人気を博したドラマを3Dでスクリーンに蘇らせた『劇場版テンペスト3D』のプレミア試写会が12月15日(木)に開催。物語の舞台である琉球の首里城をイメージしたレッドカーペットを仲間由紀恵と共演の塚本高史がファンの歓声に応えながら歩いた。

最新ニュース レポート
『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
  • 『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
  • 『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
  • 『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
  • 『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
  • 『劇場版テンペスト3D』ジャパン・プレミア
NHKのBS時代劇で人気を博したドラマを3Dでスクリーンに蘇らせた『劇場版テンペスト3D』のプレミア試写会が12月15日(木)に開催。物語の舞台である琉球の首里城をイメージしたレッドカーペットを仲間由紀恵と共演の塚本高史がファンの歓声に応えながら歩いた。

累計100万部を超えた池上永一のベストセラーを原作にした本作。日本と中国、そして欧米列強のはざまで揺れ動く19世紀の琉球王国で、女に生まれながらも男性として生き、王国の独立国家としての地位を築くべく奔走する主人公の波乱の人生を描き出す。

この日のイベントのために、会場の新宿ピカデリーは世界遺産でもある首里城に大変身! 大階段には真っ赤なカーペットが敷かれ、映画さながらに琉球や清国の伝統衣裳に身を包んだ人々が登場し、女性たちは伝統の琉球舞踊を披露した。沖縄の職人による紅型和服で登場した仲間さんは、伝統舞踊を目の当たりにし「美しいですね」とニッコリ。「美しい自然や首里城を堪能してほしいです」と映画をアピールした。

この日は、日本の未来を担う大学生や小学生の“記者”たちが登壇陣に質問! 小学生記者から“男役”の演技について聞かれた仲間さんは「難しかったのは声のトーンですね。動きもいかつい感じで男っぽく動くようにしました。塚本さんや男性の方とお芝居するときの、“男”として接してくれる感じは新鮮で楽しかったです」と明かした。

塚本さんは沖縄に対する思いの変化を尋ねられ「元々、僕は沖縄が大好きなんですが、歴史を知って、いまは沖縄が日本にあることが当然だけど、もし沖縄がなかったら、いまこうして平和に暮らしていなかったんだということを感じました。この作品で学んだことがたくさんあります」と語った。

撮影は実際に首里城で行われたが、塚本さんは「ドラマの撮影で中に入ったのは『テンペスト』が初めて。役者は目に見えるものを自分の中に染み込ませて演じていくことしかできませんが、本物を使わせてもらえることで、その当時に生きていた人に近づけたかなと思います」と真摯に語った。城内での撮影は、観光客のために開門される前の明け方に行われたそうだが、吉村芳之監督は「8時までに撮影を終えて30分くらいで片付けて出ていかないといけないので、3時とか4時に起きて準備し、太陽が昇るとすぐに撮影をしました。一度、ペリーが城に入るシーンで、撮影が延びて、観光客が入ってきたことがありました。修学旅行の学生たちが『ペリーがいる!』と言ってました。すごく良い旅行になったと思います(笑)」と撮影時のエピソードを明かした。

また、大学生の記者から、自身が演じた寧温(ねいおん)が持つ、現代にも通じる魅力を尋ねられた仲間さんは「何かを守りたいという意志。どんなことが押し寄せて来ても、あきらめずに突き進んでいく寧温のような人が近くにいたら、感化されて『私ももっと頑張ろう』と思える。強い信念を持った人がみんなを引っ張っていくのだと思います」と若者たちへの思いを込めて語った。

『劇場版テンペスト3D』は2012年1月28日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top