サンドラ・ブロック、日本へラブコール! トム・ハンクス、天才子役と“一家”集結

世界30か国で翻訳されたジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を原作に、9.11で父親を亡くした9歳の少年・オスカーが最愛の父が遺したメッセージを探す旅を描いた、喪失と再生の物語『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』。全米公開を前に、12月15日(現地時間)、映画の舞台にもなっているニューヨークにて、本作のプレミアが開催され、主演のトーマス・ホーンにトム・ハンクス、サンドラ・ブロックら出演陣とスティーヴン・ダルドリー監督が出席した。

最新ニュース レポート
『ものすごくて、ありえないほど近い』プレミアにて(左から)トム・ハンクス、トーマス・ホーン、サンドラ・ブロック
  • 『ものすごくて、ありえないほど近い』プレミアにて(左から)トム・ハンクス、トーマス・ホーン、サンドラ・ブロック
世界30か国で翻訳されたジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を原作に、9.11で父親を亡くした9歳の少年・オスカーが最愛の父が遺したメッセージを探す旅を描いた、喪失と再生の物語『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』。全米公開を前に、12月15日(現地時間)、映画の舞台にもなっているニューヨークにて、本作のプレミアが開催され、主演のトーマス・ホーンにトム・ハンクス、サンドラ・ブロックら出演陣とスティーヴン・ダルドリー監督が出席した。

10年前の9月11日、ニューヨークで起きた悲劇を題材に、ある日突然、愛する者を奪われ、遺された者たちはどう生きるのかを見つめた本作。『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』の名匠スティーヴン・ダルドリー監督のもと、9.11で命を落とす父親役にトム・ハンクス、悲しみから立ち直れないでいる母親役にサンドラ・ブロックのオスカー俳優の初タッグが実現した。

オスカー俳優たちと肩を並べ、堂々の名演技で話題を集めているのが、主人公のオスカー少年役で映画デビューを果たしたトーマス・ホーン。ダルドリー監督は「本当にファンタスティックだった。とっても才能があって、撮影期間中も“素晴らしい”の一言だった。彼のおかげで随分撮影も楽しかったし、彼とサンドラのシーンは感情表現が難しかったけれど、いいものになったと充実感を感じているよ」とその類稀なる才能に称賛を贈る。

日本では来年2月に公開を控えるが、監督は「早く日本に行きたくてたまらない。日本は大好きさ。2月にお会いできるのが楽しみです」と来日をほのめかすコメント。秘蔵っ子トーマスくんも「日本のマンガは読まないけれど、日本食はとっても好きなんだ。いつか絶対に行きたいな!」と初来日に期待を寄せた。さらに、3.11の東日本大震災の際にいち早く義援金を寄付した事でも知られる、サンドラ・ブロックも「日本のみなさん、愛しています」と日本のファンへメッセージを贈ってくれた。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は2012年2月18日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top