役所広司、共演陣の愛の告白に「来年も『好き好き』言われたい」とニンマリ

最新ニュース

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』初日舞台挨拶
映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』が12月23日(祝・木)に公開を迎え、主演の役所広司を始め、玉木宏、柳葉敏郎、吉田栄作、椎名桔平、原田美枝子、瀬戸朝香、田中麗奈、五十嵐隼士、成島出監督が舞台挨拶に登壇した。

日米開戦に誰よりも反対しつつも自ら聯合艦隊司令長官として戦いの火蓋を切った山本五十六の姿を通じてあの戦争の姿を描き出す。

戦闘機を模した舞台に立った役所さんは公開を迎え感慨深げ。来場した観客に向けて感謝の思いを伝えた。共演陣からは役所さん=山本長官へのラブコールが続出! 瀬戸さんが「山本さんと役所さん(のイメージ)が重なって、役所さんのことが好きかもって思えてきました(笑)」と語ったのを皮切りに、柳葉さんも「山本さんのような人が近くにいたら好きになっちゃいます」、吉田さんも「一番近くにいたので好きになっちゃいました!」、若き零戦パイロット役の五十嵐さんも「好きになってました」と告白。椎名さんも「僕の中ではロバート・デ・ニーロを超えてます。大好きなあまり、結婚式の仲人を押し付けましたから」と“役所愛”を大喧伝。役所さんは「来年もこうやってみんなに『好き好き』って言われる年になれば」と笑みを浮かべていた。

五十六の妻を演じた原田さんは「私の両親は戦争には行ってませんが、軍需工場などで働いていて、好きなことが出来なかった世代。そういう時代があって、いま、私は好きなことをやらせてもらっていることの幸せをつくづく感じます」とあの時代を生き抜いた人々への感謝の思いを語った。

五十嵐さんも「当時は若い世代が戦争の最前線に立ってました。いまの戦争のない日本があるのはその人たちのおかげ。若い人にも観て何かを感じてもらえたら」と訴えた。

撮影は東日本大震災から2か月後の5月に始まったが、吉田さんは「いま、自分たちに何ができるのか? と考えて臨みました」と真摯に語る。玉木さんは「震災があり、また世界でもいろんなことがありました。観終わって、今後を担う人たちがどう受け止めてくれるのか? 何かを考えていただけたら」と訴え、役所さんも「まだまだこれから子孫の代まで復興に向けて進んでいかないといけない」と力強く呼びかけた。

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top