愛菜ちゃん、今年の目標は「いろんな役にチャレンジ」と「九九の勉強」!

アニメーション映画『マジック・ツリーハウス』が1月7日(土)に公開を迎え、声優を務めた北川景子、芦田愛菜、真矢みきと錦織博監督が都内劇場で舞台挨拶に登壇した。

最新ニュース
『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
  • 『マジック・ツリーハウス』公開初日舞台挨拶
アニメーション映画『マジック・ツリーハウス』が1月7日(土)に公開を迎え、声優を務めた北川景子、芦田愛菜、真矢みきと錦織博監督が都内劇場で舞台挨拶に登壇した。

このほど全世界でシリーズを通じて1億部を突破した人気児童文学を原作とした本作。ちょっぴり気弱な兄のジャックと元気いっぱいの妹・アニーが森の不思議な小屋“マジック・ツリーハウス”の本を通してあちこちへタイムスリップし、冒険を繰り広げる。

北川さんは声優初挑戦で子供、しかも男の子の声を演じ「できるかな? と不安でした」と告白。「ジャックは一見、優しくて気弱な印象ですが、いざというときに決断ができるし、妹を守ろうとする強い芯がある子なのでそこを心がけました」とふり返った。

この日が2012年の仕事始めとなった愛菜ちゃんは、以前から原作シリーズのファンで「いろんなところに冒険できるところが好き。本当にマジック・ツリーハウスがあったらいいのにと思いながら読んでました」とニッコリ。収録では「元気なアニーになるように頑張りました。『やったー!』というセリフで手を叩いちゃって『手は叩かないでね』って言われました」と微笑ましいエピソードを明かしてくれた。

愛菜ちゃんは、もしも本当にマジック・ツリーハウスがあったらどの時代のどこに行きたいかを尋ねられると「平安時代に行って十二単を着て紫式部さんに会ってみたいです!」と希望を語った。北川さんは「ジャックくらいの頃に『若草物語』を読んで『この中に入れたら』と思っていたので行ってみたい」、真矢さんは「昔からギリシャのパルテノン神殿にすごく憧れていたんですが、古代のオリンピックがどんなものだったのか見てみたいですね」とそれぞれ本の世界や過去への憧れを明かした。

最後に登壇陣は、絵馬に書いた今年の目標を発表。北川さんは本作でジャックとアニーが繰り広げる冒険に触発されたそうで「体を鍛える」とジム通いを宣言。愛菜ちゃんは「いろんなやくにチャレンジする」「九九のべんきょうをがんばる」と仕事と学校の両立を誓った。

『マジック・ツリーハウス』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top