二宮和也VS豊川悦司! 映像化オファー殺到の東野圭吾「プラチナデータ」が映画化

最新ニュース

東野圭吾「プラチナデータ」映画化決定!
  • 東野圭吾「プラチナデータ」映画化決定!
先日、代表作「容疑者Xの献身」が米ミステリー界で最も権威あるエドガー賞の候補に選出されたベストセラー作家・東野圭吾が、10年近く前から映画化を構想して取り組んだ傑作ミステリー「プラチナデータ」が、国民的グループ「嵐」の二宮和也と豊川悦司の初共演により映画化されることが決定した。

今週末公開される『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』の原作である加賀恭一郎シリーズやドラマ・映画と大ヒットを記録したガリレオシリーズなど、いま最も映像化のオファーが集中する東野氏。本作「プラチナデータ」は当初映画化を前提として執筆を開始したが、一旦は断念。その後、映画化と切り離して執筆され、2006年に「パピルス」(幻冬舎刊)にて連載開始、2010年6月に単行本化されるや否や、大手映画会社やテレビ各局、制作会社など20社以上から映像化のオファーが殺到したというベストセラー小説。

本作で描かれるのは、2017年の日本。発達したDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%の社会が到来しようとしていた。その裏づけは、水面下の国家政策として集められている国民のDNAデータ「プラチナデータ」だった。主人公・神楽龍平はそのDNA捜査に携わる自信家の天才科学者だが、ある日DNA捜査のシステム開発者である兄弟が殺害され、神楽は捜査する側から一転、容疑者として追われる羽目に…。一方、この事件の捜査を任された現場叩き上げの辣腕刑事・浅間玲司は、執拗に神楽を追跡していく。

DNA捜査をする側から突然、DNA捜査により突然容疑者として追われる身となってしまった天才科学者・神楽龍平を演じるのは、ドラマ「流星の絆」(TBS)以来2作目の東野圭吾作品への出演となる二宮和也。現在28歳、20代の俳優活動の集大成として臨む本作について「そう遠くはない未来なんじゃないかと思わせる原作の凄さ…。その作品に参加できて光栄です」と喜びを露にする。特殊捜査機関の研究員という役柄に挑むにあたり、クランクイン前から国内外の警察関連資料や最先端のDNA研究、ヒトゲノム研究のレポートなど100ページを超す資料を読み込み、入念な準備を重ねているそう。

そんな彼を執拗なまでに追うベテラン刑事・浅間玲司を演じるのが豊川悦司。実は、『犯人に告ぐ』('07)で演じた巻島という刑事役に強い愛着を感じ、それ以来約5年、十数もの刑事役のオファーを断り続けてきた豊川さんだが、二宮さんとの共演を含む本企画に刺激を受け、再び刑事役に挑むこととなった。「二宮和也さんは若手俳優の中でも一際個性の強い、素晴らしい俳優さんだと思っていました。共演できることを大変嬉しく思います。胸を借りるつもりで、ドンとぶつかっていきたいと思います。彼からたくさんのことを学びたいと思います」と二宮さんとの共演を心待ちにしている様子。二宮さんも先輩である豊川さんとの共演について「豊川さんの胸を借りて、そして豊川さんについていけるようにいまから準備を始めていきます」とコメント。“頭脳派”の二宮さんと“叩き上げ”の豊川さんの熱い攻防戦が期待される。

そして、2人を束ねるのはNHK大河ドラマ「龍馬伝」が高く評価され、今夏『るろうに剣心』映画化の公開も控える大友啓史監督。「以前から、そのしなやかな演技と独特の感性に注目していた二宮和也さん、数々の作品を拝見しご一緒したいと思っていた豊川悦司さんと共に、東野圭吾さんの作品にチャレンジできる機会をいただき、心から胸躍る思いです。舞台はそう遠くない近未来。DNA捜査を巡って繰り広げられる東野作品ならではの人間ドラマ、魅力的なストーリー展開を、2人の演技を彩る新鮮な世界観と共にお届けしたいと思っています。ご期待下さい」と意気込みを語っている。

撮影は2月から始まり、今夏に完成予定。原作の世界観がどのように映像化されるのか? いまから完成が待たれる。

映画『プラチナデータ』は2013年、公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top