オスカー候補のルーニー・マーラ、高まる注目にも「考えないようにしてます(苦笑)」

最新作『ドラゴン・タトゥーの女』を携えて来日中のデヴィッド・フィンチャー監督とヒロインを演じたルーニー・マーラが1月31日(火)、都内で行われた記者会見に出席した。

最新ニュース レポート
『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見
最新作『ドラゴン・タトゥーの女』を携えて来日中のデヴィッド・フィンチャー監督とヒロインを演じたルーニー・マーラが1月31日(火)、都内で行われた記者会見に出席した。

スウェーデン発の世界的ベストセラーとなったミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作の第1作を映画化した本作。休職中の敏腕雑誌記者・ミカエルと天才ハッカーのリスベットが、ある富豪の依頼を受け、40年前の少女失踪事件を再調査する過程で、依頼人一族の隠されてきた真の姿を暴き出していく。

原作は大ベストセラーであるうえに、既に一度、スウェーデンで映画化もされているが、フィンチャー監督はスウェーデン版との違いやオリジナリティについて尋ねられると「スウェーデン版は一度しか観ていないので、正直、違いについてはよく分かりませんが、脚本の時点でだいぶ異なると聞いています。私のアプローチとしては、原作を読んで感じたことを忠実に描くということを心がけました」とオリジナリティよりも原作のエッセンスを描ききることを優先したことを明かした。ルーニーが演じたリスベットの人物像に関しても「特に私の方で何かを足しことはありません。むしろ、追加よりも排除の場であり、ふるいにかけて金の粒を残し、キャラクターが何を考えているのかを示しました。クリエイトというよりも解釈と言った方が正しいかもしれません」と解説した。

初来日ということもあり、やや緊張気味に控え目な笑みを浮かべていたルーニーだが、リスベット役について質問が飛ぶと「原作の三部作を読んで私自身、彼女を好きになりました。『彼女を理解し、私が演じることができる。やり方は分かってる』という思いでした。若い女優にとってはめったにある役ではなく、大きなチャンスだと感じました」と少ない言葉の中に強い自負を感じさせる。さらに「人生の中で自分が疎外されていると感じることは誰にでもあると思います」とリスベットへの共感を口にした。

一方で、アカデミー賞ノミネートを始めとする女優としての高評価に加え、今後ファッション・アイコンとしても多くの人の注目を集めるのでは? という問いには、困ったように「あまり考えないようにしています。世間の人にそう見られていることなどは考えずに、自分なりの生き方を続けることを心がけています」とはにかみながら答える姿も…。

先述の通り、原作は三部作。すでに海外のニュースサイトなどでフィンチャー監督が引き続きメガホンを握る形で続編の企画が始動しているなどとも報じられているが、当の監督は「まずは多くの人に(第1作を)観てもらわないといけませんね。なるべく多くの人にです!」とはぐらかした。

『ドラゴン・タトゥーの女』は2月10日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top