渡辺謙、はやぶさ“船出”に男泣き! プロモーションで地球をほぼ一周

最新ニュース

『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還』公開初日舞台挨拶にて
俳優の渡辺謙が2月11日(土)、主演作『はやぶさ 遥かなる帰還』の初日舞台挨拶を東京・有楽町の丸の内TOEIで行った。7年間60億キロの宇宙の旅を成し遂げた「はやぶさ」の“奇跡”と、その偉業を支え完遂させたプロジェクトチームの挑戦を描く本作。渡辺さんは「はやぶさ」のプロジェクト・マネージャー、JAXA教授の川口淳一郎さんをモデルにした主人公・山口駿一郎を演じ、映画製作においても同じくプロジェクト・マネージャーを兼任した。俳優として、そして映画人として持てるすべてを捧げた主演作の“船出”に、渡辺さんも感慨しきりで「こんな素晴らしい日本人がいることを、ぜひ誇りに思い、自慢していただきたい」と男泣きを見せた。

渡辺さんは本作のプロモーションにも全力投球で、記者会見や完成披露イベントを除き、合計260媒体にも及ぶ個別取材に対応。北海道から沖縄まで展開した全国キャンペーン、さらにスイスで開催された「世界経済フォーラム」(通称ダボス会議」)への出席を合わせると、その移動距離は地球一周よりも長い4万2,000キロに及ぶ。そんな「はやぶさ」ばりの奮闘が実を結び、ついに公開初日を迎えたとあって、渡辺さんの思いも格別だ。

撮影前には東日本大震災が発生し「大きな災害を受けた日本に対し、この映画がどういう役割を果たせるか考えながら作らせていただいた」と渡辺さん。「まるで精神的に“ほふく前進”するような撮影だった」という生みの苦しみを、共演する江口洋介、夏川結衣、瀧本智行監督らとの強い結束感で乗り切った。

舞台挨拶では登壇者にサプライズで、試写会で映画を観た子供たちのメッセージが紹介され、渡辺さんが自ら朗読。「何事も失敗が多く、投げ出したい気にもなった中での『地球に返したい』気持ちが、みんなの気持ちを動かし最後は感動した」(12歳の男の子)、「大きくなったら科学者になって、新しいはやぶさを作りたい。あきらめないで何でも頑張ろうと思いました」(7歳の男の子)、「(渡辺演じる)山口さんは変わっている人だと思いました。でも立派な人だと思いました。この映画を観て、宇宙に興味を持ちました」(9歳の男の子)と素直な思いに触れ、渡辺さんは「ちゃんと伝わっていたんだ」と思わず安堵の表情。熱い思いを次世代に届けたいという本作が持つメッセージが、舞台上で見事結実しただけに、目には涙が輝いていた。

『はやぶさ 遥かなる帰還』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top