カルチャー系女子に大ヒット!『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』の魅力

11月3(土)、ある1本のドキュメンタリー映画が公開され、20代〜30代の女性を中心にスマッシュヒットを記録している。作家にして料理家・辰巳芳子の“食”を構想に4年、撮影に1年半をかけて追いかけた映画『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』だ。

最新ニュース スクープ
『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
11月3(土)、ある1本のドキュメンタリー映画が公開され、20代〜30代の女性を中心にスマッシュヒットを記録している。作家にして料理家・辰巳芳子の“食”を構想に4年、撮影に1年半をかけて追いかけた映画『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』だ。

脳梗塞による障害で食べることを楽しむことができなくなった父親への愛が生み出したのは、海や山の恵みを体が最も吸収しやすい状態にした“天のしずく(=スープ)”だった。その一滴には、口にした幼児から老いた人たちまで、生きる喜びと、与えられた命を輝かせる奇跡が溶け込んでいた。この丹念に作られたスープを通して、日本の食卓と自然を優しく美しい映像で描き上げる。

本作で監督・脚本を務めたのは、元NHKドキュメンタリー番組ディレクター/エグゼクティブ・プロデューサーの河邑厚徳(かわむらあつのり)。精神世界、アート、現代史などをテーマに国内外の賞を数多く受賞し、高い評価を受けてきた、知の冒険を続ける映像ジャーナリストだ。ナレーションを、本作がドキュメンタリー作品のナレーション初挑戦となった谷原章介が務め、、ゆったりと語り聞かせてくれる。

ミニシアター作品でありながら、公開から2週間たった現在も有楽町の劇場には平日の昼間から多くの女性たちが詰めかけ連日、満員御礼となっている本作。さらに、丁寧に素材の味を活かしながら“美味しく作る”ことと“愛する”ことを繋げて見せた本作は、様々な女性向けカルチャー雑誌でも取り上げられた。そして先日、辰巳さんが2002年に執筆した料理本「あなたのために—いのちを支えるスープ—」(文化出版社刊)が、発売から10年の歳月を経たいま、ECサイト「AMAZON」ランキングで上位に急浮上、さらに書店でも異例の大ヒットを記録している。

改めて、日本の“食”文化に注目が集まるいま、もう一度あなたの食べること、愛すること、そして生きることを見つめ直してみては?

『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』は東京都写真美術館ホールほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top