「People」誌選出の“最もセクシーな男性”が決定!今年はチャニング・テイタム

毎年恒例の「People」誌が選ぶ“最もセクシーな男性”に、今年はチャニング・テイタムが選ばれた。

最新ニュース ゴシップ
「GREY GOOSE Vodka And Anchor Bay Films Host 10Years」に出席したチャニング・テイタム -(C) Everett Collection/AFLO
  • 「GREY GOOSE Vodka And Anchor Bay Films Host 10Years」に出席したチャニング・テイタム -(C) Everett Collection/AFLO
毎年恒例の「People」誌が選ぶ“最もセクシーな男性”に、今年はチャニング・テイタムが選ばれた。

『G.I.ジョー』『君への誓い』で知られるチャニングは現在32歳。第一報を受けて「みんな僕をからかってるんだろうと思った」と言う。妻で同い年の女優のジェナ・ディーワン・テイタムには「バスルームで愛犬を洗ったときに話したんだ。そしたら『なに?』って言われた」そうだ。ジェナは「みんな彼のことを面白くてセクシーだと思っているけど、彼がどれだけ深い人間性を持っていて、オープンな人かは知らないはずよ」とのろける。

チャニングのほかに選出されたのは、監督・主演の『アルゴ』がオスカーの呼び声も高いベン・アフレック、昨年度の“最もセクシーな男性”に選ばれたブラッドリー・クーパー、クリス・ヘムズワース、TVシリーズ「ホワイトカラー」のマット・ボマー、TVシリーズ「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」のシュミット役のマックス・グリーンフィールド。そのほか、ポール・ラッド、ダミアン・ルイスとともに、デンゼル・ワシントンやリチャード・ギアといったヴェテラン勢も。今年、史上初、両脚義足でオリンピックに出場した南アフリカ共和国のランナー、オスカー・ピストリウスも選出されている。



© Everett Collection/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top