私を海外の映画祭に連れてって! 釜山国際映画祭 体験レポート

世界各国ならではの魅力をフィルムを通して伝える映画。どうせなら現地に行って楽しみたい! さらには現地で映画スターに会ってみたい! と望んでいる方も少なくないはず。芸術の秋は映画祭を存分に楽しめる季節でもあります。その中でも一際盛り上がりを見せるのが、韓国・釜山で毎年開催される「釜山国際映画祭」(BIFF:Busan International Film Festival)。シネマカフェでは、10月4日(木)より9日間にわたり開催された今年の釜山映画祭に密着! 今年も逃してしまったけど来年こそは…という方にその見どころの一部をお伝えします。

最新ニュース レポート
「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
  • 「釜山国際映画祭」体験レポート
世界各国ならではの魅力をフィルムを通して伝える映画。どうせなら現地に行って楽しみたい! さらには現地で映画スターに会ってみたい! と望んでいる方も少なくないはず。芸術の秋は映画祭を存分に楽しめる季節でもあります。その中でも一際盛り上がりを見せるのが、韓国・釜山で毎年開催される「釜山国際映画祭」(BIFF:Busan International Film Festival)。シネマカフェでは、10月4日(木)より9日間にわたり開催された今年の釜山映画祭に密着! 今年も逃してしまったけど来年こそは…という方にその見どころの一部をお伝えします。

韓国最大の港町、観光地としても人気があり、数多くの映画が撮影されていることでも知られる、映画人に愛される街・釜山。映画祭に初参加した俳優たちの「この映画祭に参加できて嬉しい」という言葉からも、いかに釜山映画祭が愛されているかが伝わります。第17回目を迎えた今年は昨年から大きく増えて22万を超える過去最多の来場者を記録しました。映画ファンを惹きつける魅力の一つは豊富な作品のラインナップでしょう。注目作をいち早く観たいという人、海外ではなかなか観られない新しい才能を発掘したいという人、様々な楽しみ方ができるはず。そんな「映画を存分に楽しみたい!」という方がまず押さえておくべきスポットは「映画の殿堂」。同映画祭の専用劇場として昨年オープンしたこの巨大劇場では、オープニングイベントが盛大に行われるほか、超大型スクリーンで野外感覚の上映を楽しむことも。

映画の殿堂を中心に、映画関連のオフィスや高層マンションも林立するセンタムシティですが、同スポットのすぐ目の前にあるショッピングスポット、ロッテ百貨店と新世界百貨店(世界最大の百貨店!)の中にある劇場でも映画を楽しむことができます。実際、午前中からチケットブースは多くの観客で大賑わい! 気になる作品がある方は、事前にチェックしておくことをおすすめします。

映画はもちろん、本場韓国で生のスターに会いたい! という方が押さえておくべき場所はもちろん、まずオープニングイベント。今回は開幕前に会場に潜入しましたが、午前中にTV局やカメラマンの陣取りは済んでおり、既にレッドカーペット周辺で待つファンの姿も見受けられました。そして本番、続々とゴージャスなドレスとスーツ姿で現れるスターたちに大興奮の声とフラッシュの嵐! その盛況ぶりには圧倒されるかもしれません。今年は最新主演作が出品されたイ・ビョンホン(『王になった男』)やチャン・ドンゴン(『危険な関係』)らおなじみの人気俳優のほか、ユ・ジテやク・ヘソンなど映画監督として参加する顔ぶれも見られました。

さらに、スターを近くで見られるのが、高級ホテルが並ぶ海雲台ビーチ一帯に設置される、BIFFビレッジ。ここでは俳優&監督によるトークセッション「オープントーク」が連日行われます。今年も映画デビューを飾った「JYJ」のジェジュンやソ・ジソブら人気俳優が登場し、ファンと近いカジュアルなスタイルで魅力を放っていました。さらに、オープニングの翌日夜、ビーチ沿いに敷かれた長ーいブルーカーペットに錚々たる韓国スターたちが続々登場し、夜中ファンの声援が響いていました。これは、韓国の俳優たちが中心のネットワーク「APAN」主催による「スターロード」というイベントで、人気俳優たちを間近で見られる絶好の場所です。

さて、映画祭を存分に楽しむのに加えて、もちろん旅の醍醐味として外せないのはグルメ&ショッピング。港町・釜山ならではの海鮮鍋は絶品なので、ぜひ試してみては? 時間に余裕のある方は、韓国一の水揚げ量を誇る南浦洞の水産市場、ジャガルチ市場まで足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。また、海雲台から地下鉄で約20分程で若者たちが多く賑わう繁華街・西面に到着。地下街に延々と続く格安のシューズやチープコスメに、思わず大人買いしたくなるかも?

開放感に満ちた魅力あふれる街、釜山。日常の見慣れた景色から一歩離れたところで、ひと味違う生の映画体験をぜひ。今年逃してしまったという方も来年こそはお早めにチェック!

特集「my first Busan 釜山国際映画祭潜入レポート」
http://www.cinemacafe.net/feature/busan2012/
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top