ヒュー・ジャックマン、『レ・ミゼラブル』ロケ地教会の窮状に救いの手

最新ニュース

第70回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門にて最優秀男優賞を受賞したヒュー・ジャックマン -(C) ロイター/AFLO
  • 第70回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門にて最優秀男優賞を受賞したヒュー・ジャックマン -(C) ロイター/AFLO
ヒュー・ジャックマンが『レ・ミゼラブル』の撮影場所になったイギリス南東部の教会の窮状を知って、1万ポンドの寄付の手はずを整えたことが判明した。

『レ・ミゼラブル』のロケ撮影が行われたオックスフォードシャー、エウェルムの聖マリア教会に新しい暖房施設を設置するための費用で、ヒューが映画のプロデューサーたちにかけあい、1万ポンドを寄付することになったという。ジョナサン・メイヤー牧師は「The Daily Star」紙の取材に「作品のスピリチュアルなメッセージが皆の心をひとつにしたのです」と語った。

ヒューの寛大さは、共演者たちからも評判になっている。過酷な撮影現場に明るいムードをもたらそうと、彼らによく楽しいプレゼントをしていたそうだ。マリウス役のエディ・レッドメインは「毎週金曜、ヒューはキャストとスタッフ全員分の宝くじを買ってくれた。週の後半、くたくたになっている僕らのためにね。彼の心の広さ、優しさは特別だよ」というエピソードを披露した。

実はヒュー自身、撮影がつらすぎて、ストレスで現場から逃げ出そうと考えたこともあったとか。他人を思いやることで、逆に心のバランスがとれていたのかも。撮影後も、ロケでお世話になった恩返しを忘れないのは立派だ。

(C) ロイター/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top