超絶技巧に橋本愛が涙…『さよならドビュッシー』本編映像を独占公開

最新ニュース

『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
  • 『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
第8回「このミステリーがすごい!」(宝島社主催)で大賞を受賞した中山七里原作の同名小説を、橋本愛とプロピアニストの清塚信也を迎えて映画化した『さよならドビュッシー』。先日、公開された本作の劇中映像をシネマカフェが独占入手。橋本さんが涙した美しくも激情が駆け巡る旋律の正体とは?

火事で大切ないとこを失い、自身も心と体に大きな傷を負った16歳の少女・遥(橋本さん)は、それでもピアニストになることを夢見るが、周囲では不吉な事件が続発。遥のピアノを指導していた岬(清塚さん)が事件解決に挑む姿を描く音楽ミステリーだ。

火事で全身大やけどを負いながらもピアニストの夢を追うヒロイン・香月遥を演じた橋本さん。今回解禁となった映像では、その大やけどで心と体を病んだ遥が、岬が奏でるリストの名曲「超絶技巧練習曲第4番マゼッパ」の旋律に衝撃を受け、涙を流しながらピアニストへの思いを再燃させていくという重要なシーン。

“マゼッパ”というのは踊りの神様の名前で、その名の通り、踊り狂っているかのような激情ほとばしるメロディに、思わず心奪われること必至だ。しかし、プロでも敬遠してしまうこの難曲を、驚きのテクニックで魅せたのは、もちろん清塚さん。TVドラマ「のだめカンタービレ」で玉木宏演じる千秋真一の吹替え演奏を担当した人気ピアニストとあって、「さすがプロ…」と誰もが唸る見事な演奏だ。さらに、このシーンは演奏後の台詞を含め、全てワンカットで撮影された緊張感あふれる映像となっている。

このシーンについて、「演奏からセリフまでワンカットという、世界的にも珍しい取り組みに、緊張というかすごい“集中”が現場にはあった。リハーサルから何度も何度も撮って、人生でこの曲をこれほど何度も本気で弾くシチュエーションは二度とないだろうと思いながらも、共演した橋本愛さんを始め、スタッフのみなさんの高揚ぶりに僕も集中することができました」と語る清塚さん。

しかし、映画ならではの意外な“敵”に悩まされたのだとか。「一番大変だったのは“汗”です。シーンの繋がりがあるから、汗をかいて髪とシャツをベタベタにするわけにはいかないので、氷を脇に入れたりして、何とか汗を止める作業が大変だった…」と世界的なピアニストも難曲を奏でながらの演技には四苦八苦していたようだ。

映画ファンはもちろん、クラシック音楽ファンをも唸らせる本作。まずはこちらの映像から、清塚さんによる“超絶技巧”をお楽しみあれ。

『さよならドビュッシー』は全国にて公開中。

※こちらの劇中映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。


(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top