【MOVIEブログ】トゥモロー・ワールド

先日ふと『トゥモロー・ワールド』をDVDで観直したのですが、

最新ニュース
先日ふと『トゥモロー・ワールド』をDVDで観直したのですが、
今日2月2日(土)の深夜にテレビで
放送することを先ほど知りまして、またまた観てしまいそうですw

というのは、劇場公開された2006年の個人的ベスト1であり、
生涯ベストの何本かに入るような作品、ようは大好きな映画なのです。


18年間、子供が誕生していない。
人々は希望を失い、荒廃した世界。
この遠くない近未来が舞台。

設定はSF、物語はヒューマン、臨場感ある戦争アクションでもあり、
命の尊さ、地球の未来を案ずるメッセージも伝わり。
たくさんの要素が詰め込まれているのに、徹底したリアリズムのおかげで
映画は薄まらない。しかもコンパクトな109分!
ラストも秀逸、深い余韻。
ここから別の新しい映画が始まってもおかしくない。

多くの人が絶賛している長回しは本当にすごいです。
観客は壮絶な銃撃戦の中に放り込まれ、
そこで、ある1つの生命をめぐる奇跡に遭遇します。

原題は「CHILDREN OF MEN」
原作小説のタイトルでもある、『人類の子供たち』
こちらの方が作品の本質を表しています。
SF大作として売るか、ヒューマンドラマとして売るか、
宣伝マンとしては悩ましいところ。

未見の方はぜひぜひ。
「Ruby Tuesday」の軽やかなメロディが胸に残ります。
《text:Shinpei Oguchi》

特集

page top