上戸彩、映画『おしん』でおしんの母親役に! 主演子役は2,500人から選ばれた新星

最新ニュース

『おしん』製作発表会見(冨樫森監督、上戸彩、泉ピン子、濱田ここね、橋田壽賀子)
  • 『おしん』製作発表会見(冨樫森監督、上戸彩、泉ピン子、濱田ここね、橋田壽賀子)
  • 『おしん』製作発表会見(上戸彩)
  • 『おしん』製作発表会見(上戸彩、濱田ここね)
  • 『おしん』製作発表会見(濱田ここね)
  • 『おしん』製作発表会見(濱田ここね)
  • 『おしん』製作発表会見(上戸彩)
  • 『おしん』製作発表会見(泉ピン子)
  • 『おしん』製作発表会見(冨樫森監督)
橋田壽賀子が原作を手掛け、社会現象を巻き起こしたNHK朝ドラ「おしん」の映画化作品『おしん』。その出演者が2月5日(火)に都内で行われた記者会見で明らかになった。

女優の上戸彩が主人公・おしんの母親を演じるほか、ドラマ版の母親役だった泉ピン子が奉公先の加賀屋の大奥様役を務めることに。また、主人公のおしん役には候補者2,471人から選ばれた子役・濱田ここねちゃんの起用も決定した。会見にはこの3人に加えて、冨樫森監督、原作者の橋田壽賀子が出席し、今月中旬から山形県で始まるロケを前に、意気込みを語った。

1983年に放送された「おしん」は今から約100年前を舞台に、山形県の寒村に生まれ、苦難を強いられても決して負けることなく生きる女性・おしんが歩んだ激動の半生を描き、日本のみならず世界86の国と地域で大きな感動を巻き起こした。放送開始から30年。記念すべき今年、おしんの少女時代に焦点をあてた内容で、スクリーンに新たな感動が映し出される。「ファンの皆さんの期待を裏切らないよう、平成の新しいおしんを観ていただこうと思っている。こんな時代ですから、泣いて泣いて元気になる…、そんな映画を目指します」(冨樫監督)。

母親役に挑むことになった上戸さんは「ものすごくプレッシャーを感じています。きっと『まだ早い』とか『母親に見えない』と言われるのが目に見えていますし…」と不安な胸中を告白。それでも、大先輩の泉から「命をかければ大丈夫」とアドバイスされたそうで「新しい形で、家族の絆や生きていく力強さを表現できれば」と語った。泉さんも「上戸さんが引き継いでくれるなんて、感無量」と世代を超えたバトンタッチに、感慨ひとしおだ。

そしてこの日の主役である、ここねちゃんは劇中衣装で登場し「一生懸命頑張ります」と緊張気味に挨拶。「衣装合わせで初めて会った。ずっとそばで、笑顔でいてくれた」(上戸さん)、「とにかく思いきりやればいいの。変に演技すると、おしんらしくないから」(橋田氏)、「いい演技を引っ張り出すんで、頑張ろう」(冨樫監督)とエールを送られ、満面の笑みを浮かべた。ちなみに起用理由は「こんなリンゴのほっぺをした野生児は、いまの時代なかなかいない。それに生命力の強さが決め手」(冨樫監督)なんだとか。そんなここねちゃんを始め、映画の新キャスト&ドラマ版のオリジナルキャストが紡ぎだす“生命のドラマ”が日本を元気にしてくれることを期待したい。

会見で発表されたキャスト陣は以下の通り。
濱田ここね(谷村おしん役)
上戸彩(谷村ふじ・おしんの母)
岸本加代子(つね・中川材木店の奉公人)
小林綾子(みの・加賀屋の若奥様)
乃木涼介(清太郎・加賀屋の主人)
吉村実子(谷村なか・おしんの祖母)
満島真之介(俊作・脱走兵)
ガッツ石松(松造・炭焼き老人)
泉ピン子(加賀屋の大奥様・くに)

『おしん』は2013年10月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top