『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品が複数製作へ!

ウォルト・ディズニーが『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品を複数製作すると発表した。

最新ニュース
J・J・エイブラムス、ケイティ・マクグラス
  • J・J・エイブラムス、ケイティ・マクグラス
ウォルト・ディズニーが『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品を複数製作すると発表した。J・J・エイブラムスを監督に据えて現在、『スター・ウォーズ エピソードVII』(エピソード7)の製作をスタートさせているディズニーだが、製作中のエピソード7と今後製作されるエピソード8、エピソード9とは別に、『スター・ウォーズ  エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で脚本を執筆したローレンス・カスダンと『シャーロック・ホームズ』を手掛けたサイモン・キンバーグの2人を起用してスピンオフ企画を進めていると今回明かした。

同シリーズのキャラクター、ヨーダの作品になるのではないかとも報道されているスピンオフ企画に関してディズニーのロバート・アイガーCEOは「いくつかのスピンオフ作品を我々は実際に進めています。ローレンス・カスダンとサイモン・キンバーグが、これまでのサーガには登場しなかった『スター・ウォーズ』の素晴らしいキャラクターの単体作品を作るため、現在脚本に取り掛かっています」「我々としては2015年のエピソード7を皮切りに、エピソード8、エピソード9と全体でおよそ6年のタイムスパンを想定しています。ただその間に、並行して別のスピンオフ作品も複数公開するつもりです」と話し、どのキャラクターがフィーチャーされるかについては明確に語っていない。

一方、夏の超大作『マン・オブ・スティール』でメガホンを取ったザック・スナイダーが、黒澤明監督の名作『七人の侍』を基に『スター・ウォーズ 』関連の映画を製作するのではないかともうわさされていたが、ザック本人がそのうわさを否定している。

さらにアイガー氏は、ローレンスとサイモンがエピソード7の脚本を執筆しているマイケル・アーントと共にエイブラムスの手掛ける同作でコンサルタントとして製作に関与していることも認めている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top