吉高由里子「本当に好き!」と告白、過保護に可愛がりたいお相手は?

人気小説家・吉田修一著による青春感動巨編を映画化した『横道世之介』の完成披露試写会が2月7日(木)、東京・新宿ピカデリーで開催され…

最新ニュース
『横道世之介』完成披露試写会(高良健吾&吉高由里子)
  • 『横道世之介』完成披露試写会(高良健吾&吉高由里子)
  • 『横道世之介』完成披露試写会
  • 『横道世之介』完成披露試写会
  • 『横道世之介』完成披露試写会(高良健吾)
  • 『横道世之介』完成披露試写会(吉高由里子)
  • 『横道世之介』完成披露試写会(綾野剛)
  • 『横道世之介』完成披露試写会(伊藤歩&池松壮亮)
  • 大学生サンバ隊のみなさん
人気小説家・吉田修一著による青春感動巨編を映画化した『横道世之介』の完成披露試写会が2月7日(木)、東京・新宿ピカデリーで開催され、主演の高良健吾を始め、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、沖田修一監督が舞台挨拶を行った。

『悪人』『パレード』の原作者としても知られる吉田修一の同名人気小説を原作にもつ本作。1980年代を舞台に、上京したての大学生・横道世之介(高良さん)の日常と、彼を取り巻く人々の生活を優しいタッチで描く。

主人公の世之介を演じた高良さんは「公開が近づき、作品が僕らの手を離れてしまうのが寂しくてしょうがない」と本作への深い思い入れをコメント。沖田監督とは4度目のタッグで「台本も読まずに『やります!』って決めました。沖田組は大好きなので、(沖田作品では)初めての主演は嬉しく、本当に楽しい時間を過ごしました」とまっすぐに語った。

ヒロインを演じる吉高さんも「本当にこの作品が好き。ここまで過保護に可愛がった作品は初めて」とその愛情は、高良さんに引けを取らない。社長令嬢という役柄だけに、言葉使いにも気を配ったと言い「日常生活でも“わたし”ではなく、“わたくし”と言っていた。周りの人たちは、スルーしていましたけど」とこだわりを語った。

そんな高良さん&吉高さんに負けじと、「映画も世之介という人物も大好き」(伊藤さん)、「みなさんはこれから映画を観るんですね。正直、いまから世之介に出会えるみなさんが羨ましいです」(綾野さん)と共演キャスト陣も自身の“世之介愛”を猛アピール。
また、日本大学藝術学部映画学科に在学中の池松さんは、沖田監督の後輩にあたり「こんなに早く、沖田監督とご一緒できるとは思っていなかった」と感激した様子。沖田監督は「キャストのみなさんがいい表情をしている。一緒に仕事ができて良かったなと思う。ありがとうと言いたい」と感謝の意を表した。

この日は劇中でサンバサークルメンバーの世之介が、軽快なステップでサンバを披露するシーンにちなんで、劇場ロビーで現役の大学生サンバ隊が、にぎやかな舞いを披露していた。

『横道世之介』は2月23日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top