『ダイ・ハード6』の製作を認めたブルース・ウィリス、銃規制への反対を表明

ブルース・ウィリスが、銃所持を認めているアメリカ合衆国憲法修正第2条に抵触するいかなる銃規制に反対の意を表明した。バレンタインデーの来週14日(木)にも…

最新ニュース
『ダイ・ハード6』の製作を認めたブルース・ウィリス、銃規制への反対を表明
  • 『ダイ・ハード6』の製作を認めたブルース・ウィリス、銃規制への反対を表明
ブルース・ウィリスが、銃所持を認めているアメリカ合衆国憲法修正第2条に抵触するいかなる銃規制に反対の意を表明した。バレンタインデーの来週14日(木)にも人気シリーズ第5弾『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の日本公開が控えているブルースは、これまで『ダイ・ハード』シリーズで銃を巧みに操るジョン・マクレーン刑事を演じるなど、ガン・アクションのベテランとして映画界で活躍してきた。

昨年12月に児童、教師合わせて26人が死亡したコネチカット州の小学校銃乱射事件が起こったことから、現在米上院で銃規制法案が審議され、バラク・オバマ大統領も規制法案の推進を訴えるなどアメリカ社会で銃規制の気運が高まっていることに関して、今回ブルースは、アメリカ合衆国憲法の最初の修正10か条に該当する権利章典の部分をいかなる形であれ変更することは、ほかの全ての権利を危うくしかねないと警告を発している。

「悪影響を考えることなくして、権利章典の部分を一行でも取り払ってしまおうとするのは暴挙としか言いようがないね」、「もし一つ権利や法律を無くしてしまったら、“滑り坂論法”でどんどん国民から全ての権利が奪われてしまうと思わないかい?」とコメント。

さらにブルースは、コネチカット州の小学校銃乱射事件については「とっても難しい問題だよね。犠牲者の家族のみなさんのことを思うと心が痛むよ…」と言及しつつも、「僕も父親の身だから、物凄い悲劇だって分かるさ。でもね、こういう狂気を法律上どうやって定義するかは難しいんだ。正直どうすればいいか分からないよ。どうやってこういう悲劇をなくせるかも分からないんだ」と続けている。

またブルースは、ハリウッド映画の暴力描写と実際の銃を使った犯罪の関連性については「映画を観たから犯罪が起きるなんてことはないよ。そんな論法には荷担しないね」、「ハリウッドでは狂った奴の映画なんて作ってないんだ。第一そんな映画作ったとしても絶対に大衆から支持されなくなって後世まで残らないよ」と話している。

そんなブルースは英BBCの番組「ザ・ワン・ショウ」に出演した際、第5作目の『ダイ・ハード/ラスト・デイ』に続き『ダイ・ハード6』(原題)を製作すると明言している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top