サンドラ・ブロック、『怪盗グルーの月泥棒 3D』のスピンオフ作品で悪役に挑戦

最新ニュース

サンドラ・ブロック、ルーイ・バルドー・ブロック
  • サンドラ・ブロック、ルーイ・バルドー・ブロック
サンドラ・ブロックが、『怪盗グルーの月泥棒 3D』の新作スピンオフ作品『Minions』(原題)で声の出演を果たすことが決まった。『Minions』は、2010年にユニバーサル・ピクチャーズが製作した同3Dアニメ映画に登場する怪盗軍団・ミニオンを主役に据えたスピンオフ映画で、前作同様ユニバーサルと共にイルミネーション・エンターテインメント社がCG制作を担当する。

同新作でサンドラは、ミニオンズに遭遇する人間のひとり、スカーレット・オーバーキルの声を担当する模様だ。本作は、ミニオンがこれまでの人類の歴史上で実在し、常に卑劣な主人を探しては仕えていたという設定で、ミニオンが現在のリーダーである怪盗グルーに仕える前に世界征服を企む卑劣な女悪役・スカーレットに出会ったときのことが描かれる。

同新作はイルミネーションのクリストファー・メレダンドリーとジャネット・ヒーリーがプロデュースを手掛け、オリジナル版で監督を務めたピエール・コフィンがカイル・バルダと共に本作でもメガホンをとる予定だ。さらにブライアン・リンチが脚本を担当し、クリス・ルノーが製作総指揮を担当するという。

また、『怪盗グルーの月泥棒 3D』の続編は6月28日(現地時間)に全米公開予定の上、スピンオフ版『Minions』は2014年12月19日に公開が予定されている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top