ティーン・チョイス・アワード発表!2冠のサンドラ・ブロック、自身の十代を懐かしむ

全米のティーン(13歳から19歳)によるインターネット投票で、彼らの世代の人気者を選ぶ「2010年度ティーン・チョイス・アワード」が8日、ロサンゼルスのギブソン・アンフィシアターで開催され、映画やTV、音楽、スポーツ、ファッション界で活躍するスターたちが集った。

最新ニュース ゴシップ
サンドラ・ブロック Richard Harbaugh / (C) A.M.P.A.S.
  • サンドラ・ブロック Richard Harbaugh / (C) A.M.P.A.S.
全米のティーン(13歳から19歳)によるインターネット投票で、彼らの世代の人気者を選ぶ「2010年度ティーン・チョイス・アワード」が8日、ロサンゼルスのギブソン・アンフィシアターで開催され、映画やTV、音楽、スポーツ、ファッション界で活躍するスターたちが集った。

ドラマ映画部門のお気に入り女優に選ばれたのは『しあわせの隠れ場所』のサンドラ・ブロック。『あなたは私のムコになる』でロマンティック・コメディ映画部門の女優賞も制覇したサンドラは受賞スピーチで「私がティーンだったのは、もうだいぶ前のことだけど」と観客を笑わせつつ、「私はとても恵まれていて、ラッキーです」と喜びの言葉を述べた。

映画関係の受賞は、アクション・アドベンチャー部門のお気に入り映画が『シャーロック・ホームズ』。同作出演のレイチェル・マクアダムスがお気に入り女優に輝き、男優は『G.I.ジョー』のチャニング・テイタムが受賞。SF部門は作品、男優(サム・ワーシントン)、女優(ゾーイ・サルダナ)とも『アバター』の3冠。ファンタジー部門も同一作の3冠で『ニュームーン/トワイライト・サーガ』と同作出演のテイラー・ロートナー(男優)、クリステン・スチュワート(女優)が受賞。ロバート・パティンソンが『Remember Me』(原題)でドラマ映画部門のお気に入り男優に選ばれた。

ロマンティック・コメディ部門のお気に入り映画は『バレンタインデー』、同作のアシュトン・カッチャーがお気に入り男優に選ばれ、ホラー・スリラー部門のお気に入り映画は『パラノーマル・アクティビティ』、お気に入り男優はレオナルド・ディカプリオ(『シャッター アイランド』)、ミーガン・フォックス(『ジェニファーズ・ボディ』)。ミーガンは先日挙式した夫のブライアン・オースティン・グリーンと会場に現われ、仲睦まじい様子を見せていた。



Michael Yada/© A.M.P.A.S.
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top