「森三中」大島、AKBにライバル宣言!? 「“センター大島”として負けていられない」

最新ニュース

『シュガー・ラッシュ』バレンタインデー記者会見イベント
  • 『シュガー・ラッシュ』バレンタインデー記者会見イベント
  • 『シュガー・ラッシュ』バレンタインデー記者会見イベント
  • 『シュガー・ラッシュ』バレンタインデー記者会見イベント
ゲームの世界でヒーローになりたいと願う悪役たちの奮闘を描いたディズニー映画最新作『シュガー・ラッシュ』。2月14日(木)、都内で開催された本作のバレンタインデー記者会見イベントに来日中のリッチ・ムーア監督とプロデューサーのクラーク・スペンサー氏、さらに劇中に登場するレーシング・ゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界でキュートなレーサ―役の声優を担当したよしもと女芸人ユニット“シュガーズ”のメンバーから「森三中」(大島美幸、村上知子、黒沢かずこ)と「アジアン」(隅田美保、馬場園梓)の5人が登壇した。

本編上映後にムーア監督とスペンサー氏がティーチ・インを行い、本作の設定である“ゲームの世界の裏側”について、さらにアカデミー賞にかける思いなどを熱く語った。その後、パステルピンク&ブルーの可愛らしい洋服に身を包み、声優を務めたキャラクターに扮した「森三中」と「アジアン」が華麗に登場。アイドル・グループ(?)だけあって、キュートなポーズで歓声に応え、ムーア監督が森三中・黒沢さんをいきなりハグするというサプライズも飛び出しながらイベントはスタートした。

「昔、遊んだゲームキャラがたくさん登場しとても楽しかった!」(アジアン・馬場園さん)、「とにかく画がカラフルでカワイイ!」(アジアン・隅田さん)と2人共、本作をたいそう気にいた様子。さらに、(声優を務めた)キュートなキャラクターのモデルは自分たち“シュガーズ”では? と監督は詰め寄るも、「その通りだよ…」と軽妙にあしらわれ会場を沸かせるなど、アイドルとなってもやはり芸人魂は健在だった。

本日はバレンタインデーということで、今夜の予定を尋ねられたシュガーズの面々。隅田さんからは「好きな人ができたので、その人に(チョコを)あげたい!」とまさかのオノロケ発言が! 一方の黒沢さんは「(ハリセンボン)はるかちゃんにチョコを持って行こうと思います」と失恋で傷心中の仲間を気遣っていた。

終始笑いが絶えないトークが続く中、監督とプロデューサーにシュガーズから(お菓子でできた)オリジナル・レーシングカーが贈られると、監督、プロデューサーは共に大はしゃぎ! 大島さんは劇中挿入歌に使用されている「AKB48」の楽曲について、「同じガールズ・ユニットとして誇らしい。自分もシュガーズの“センター大島”として負けていられない」とライバル心を燃え上がらせていた。

お菓子でできたレーシングカーを気に入った監督が、実際にデコレートされたお菓子を口に運ぶと、大島さんが「これも食べられるんですよ」とミラーにガブリ。さらにはみんなで一緒に食べる一幕も見られ、イベントは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

『シュガー・ラッシュ』は2013年3月23日より全国にて2D/3D公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top