『世界にひとつのプレイブック』ゴールデントリオが、新作で再タッグへ!

ジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー、デヴィッド・O・ラッセル監督のゴールデントリオが再び新作でタッグを組むことになった。

最新ニュース
ジェニファー・ローレンス
  • ジェニファー・ローレンス
ジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー、デヴィッド・O・ラッセル監督のゴールデントリオが再び新作でタッグを組むことになった。『世界にひとつのプレイブック』で組んだ3人が再び手を取り合う新作は、以前『アメリカン・ブルシット』とタイトルが付けられていたスリラー作品で、現在はタイトル未定の状態だ。

本作は1970年代に「アブスキャム」と名づけられたFBIの捜査でアメリカの多くの汚職国会議員が逮捕、起訴されたという実話に基づいたストーリーで、クリスチャン・ベール、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ルイス・C・Kら豪華共演陣がすでに決定している。ブラッドリーは以前から同作への出演を決めていたが、今回新たにジェニファーがクリスチャン扮するキャラクターの妻役での参加が決定し、ゴールデントリオの再結成となる運びだ。さらに本作は、第83回アカデミー賞で助演男優賞に輝いたクリスチャンとデヴィッドの『ザ・ファイター』以来のコンビ復活の作品としても注目を集めている。

そんなジェニファー、ブラッドリー、デヴィッドの3人は、第85回アカデミー賞でいずれも主演女優賞、主演男優賞、監督賞にノミネートされている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top