レイチェル・ワイズ、寒空の下でのプレミアでも肩出しドレスで笑顔!

ディズニー映画『オズ はじまりの戦い』主演のジェームズ・フランコとレイチェル・ワイズ、そしてサム・ライミ監督が来日。2月20日(水)に都内で開催されたジャパン・プレミアに出席した。

最新ニュース
『オズ はじまりの戦い』ジャパン・プレミア(レイチェル・ワイズ&ジェームズ・フランコ)
  • 『オズ はじまりの戦い』ジャパン・プレミア(レイチェル・ワイズ&ジェームズ・フランコ)
ディズニー映画『オズ はじまりの戦い』主演のジェームズ・フランコとレイチェル・ワイズ、そしてサム・ライミ監督が来日。2月20日(水)に都内で開催されたジャパン・プレミアに出席した。

世界中で愛されてきた「オズの魔法使い」の前日譚を描いた本作。魔法の国に迷い込んだマジシャンが魔女との戦いを経て“偉大なる魔法使い”に成長していく姿を描き出す。

ジェームズ、レイチェルら来日ゲストは寒風が吹きすさぶ中、本作の世界観に合わせて敷かれたグリーンカーペットに登場。およそ1,000人もの観客の声援に手を振り、サインや握手を求めるファンと交流を深める一方で、詰めかけた報道陣の取材に応じた。

この日、特別に用意されたオズの世界観を表現した壇上では振付師の仲宗根梨乃の演出により、ダンサーたちの華麗なパフォーマンスが繰り広げられた。その最後に魔法の国を救う“救世主”の役回りでジェームズらが壇上に姿を現すと会場の興奮は最高潮に達した。

目の前で展開されたパフォーマンスに、ライミ監督は「スバラシイ!」と覚えたての日本語で感嘆。ジェームズも「ダンス、サイコー!」と日本語で語り「監督に『映画よりもこっちの方が出来がいいんじゃない?』って話してたところだよ(笑)」と称賛を送った。レイチェルもダンサーたちを称えながら「最後に私たちもパフォーマンスの一部にしていただいたのはサプライズであり、楽しませてもらいました!」と満面の笑みを浮かべていた。

ライミ監督とジェームズが揃っての来日は『スパイダーマン』シリーズ3部作に続いて4度目となるが、ジェームズは「日本に来ると、いつもみなさんの映画に対する深い愛情を強く感じます」と日本のファンへの感謝の思いを語る。レイチェルは魔法の世界を描いた本作について「製作の過程そのものがマジカルだったし、完成した映画を観てマジックを感じたわ」と語り、「同じマジックをぜひみなさんにも感じてほしい」と呼びかけた。

舞台挨拶中も壇上にはビュービューと冷たい風が吹き込み、厚手のコートにマフラー、手袋でガッチリと固めたジェームズも凍えそうな表情。レイチェルにいたっては両肩を出したドレス姿で見るからに寒そう! さすがに舞台挨拶中は上着を羽織っていたが、写真撮影のために上着を脱ぐと見計らったのようにさらに強風が吹きこむ。それでも、映画の中で魔女役を演じたことと掛けて「(風は)私の仕業よ(笑)!」とユーモアたっぷりに語るなど、最後まで笑顔を絶やさずファンを魅了していた。

『オズ はじまりの戦い』は3月8日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top