スカーレット・ヨハンソン、フランス人ジャーナリストと婚約か

スカーレット・ヨハンソンが婚約したのではないかと報じられている。2年間の結婚生活を経て2011年6月にライアン・レイノルズと離婚しているスカーレットだが、現在交際3か月目の恋人でフランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックと…

最新ニュース
スカーレット・ヨハンソン
  • スカーレット・ヨハンソン
スカーレット・ヨハンソンが婚約したのではないかと報じられている。

2年間の結婚生活を経て2011年6月にライアン・レイノルズと離婚しているスカーレットだが、現在交際3か月目の恋人でフランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックとニューヨークでデートをしている際、左手の薬指に大きなダイヤの指輪をはめている姿が今回目撃されている。

「MailOnline.com」の報道によれば、マンハッタンのイースト・ヴィレッジでロマンとデートしていた際にスカーレットが身につけていたダイヤモンドはペアシェイプカットだったという。

スカーレットは1年間交際を続けたネイト・テイラーと破局してから数週間後となる昨年11月にも共通の友人を通じてロマンと知り合い、交際に発展しており、交際後もフランスのアートマガジン「クラーク」の元編集者で、現在はクリエイティブ・エージェンシーを経営しているロマンとの関係をメディアに暴かれないように必死だったとも伝えられている。

スカーレットとロマンを引き合わせた愛のキューピットは、両者の共通の友人でもあるタトゥー・アーティストのフッツィで、フッツィはスカーレットの肋骨に馬の蹄鉄の模様と「ラッキー・ユー」と書かれたタトゥーを入れた経験もある。

スカーレットはライアンと離婚後も、テイトと出会う前にはショーン・ペンと付き合うなど、常に男性に困ることはなかった。

ただ、スカーレットは昨年、結婚生活は楽しかったものの、再婚するのはまだまだ先の話になるだろうとも語っていた。「若い頃に結婚して、当時はとてもロマンチックな気分で、結婚も悪くないなって思ったのは確かよ。でも実際は大変だったわ。言葉で表現するのは難しいけど。私にとって、ステディな関係を保つ手段は必ずしも結婚だけでないと思うの」「だからそれから結婚については考えたこともないわ。変って!? 他人から話を持ちかけられたときしか結婚のことなんて考えないわ。今ではそれほど重要なことじゃないのよ」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top