エマ・ワトソン、全米で大反響のエロティック小説映画化への主演を否定

エマ・ワトソンが、全米でベストセラーとなったエロティック小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(原題)の映画化でヒロインを演じるという憶測をツイッター上で否定した。

最新ニュース ゴシップ
エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
エマ・ワトソンが、全米でベストセラーとなったエロティック小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(原題)の映画化でヒロインを演じるという憶測をツイッター上で否定した。

エマは「私が『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画化をやるなんて、ここにいる誰が考えるの? まったく。ほんとに。実際に」と呆れた調子でつぶやいた。同作のヒロインは女子大生のアナスタシア・スティール。若く魅力的な大富豪、クリスチャン・グレイと過激な愛に溺れていくという内容だ。

ハッカー集団「アノニマス」が流したとされるこのうわさは、ドイツの映画製作会社「コンスタンティン・フィルム」の書類がオンラインに流出し、そこに映画版『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』でヒロイン、アナスタシアをエマが演じると書かれていたという。

だが、原作者のE・L・ジェイムズも「『フィフティ・シェイズ』のキャストはまだ決定していません」と否定ツイートを発信している。エマの同作出演のうわさは昨夏にも流れたが、その際エマは「原作本も、脚本も、何も読んでいないわ」と芸能サイト「EW.com」にコメントした。

(C) Getty Images
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top