武井咲vs佐々木希、女のバトル勃発? ドラマ撮影現場の様子を伝える新聞が登場!

4月12日(金)よりテレビ朝日にて放送スタートとなる金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」。いよいよ初回放送を来週に控えた4月2日(火)、六本木のテレビ朝日本社1階アトリウムで制作発表記者会見が開催され、

最新ニュース
武井咲/「お天気お姉さん」記者会見写真
  • 武井咲/「お天気お姉さん」記者会見写真
  • 武井咲/「お天気お姉さん」記者会見写真
4月12日(金)よりテレビ朝日にて放送スタートとなる金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」。いよいよ初回放送を来週に控えた4月2日(火)、六本木のテレビ朝日本社1階アトリウムで制作発表記者会見が開催され、武井咲を始め、「関ジャニ∞」の大倉忠義、佐々木蔵之介ら豪華キャスト陣が勢ぞろいした。

“ゆとり”と呼ばれる警視庁捜査一課の刑事で晴子の“バディ”となる青木豪太役の大倉忠義に続き、晴子の存在に徐々に脅威を感じていく売れっ子女子アナ・橋本茜役の佐々木希、晴子と茜が出演する情報番組「モーニングZ」のプロデューサー・原口蘭役の笛木優子、晴子が下宿するスナック「蜜の味」のママ・蜜代役の壇蜜、そして“お天気お姉さんウォッチャー”で晴子の熱烈なファンである監察医・三雲三平役の佐々木蔵之介の順で登壇すると、突然会場内に雷鳴が…! 「六本木テレビ朝日に異常気象です。雲行きが怪しくなってきました。まもなく大粒の雨が降るでしょう」という言葉と共に、アトリウム頭上の廊下に、黒ずくめの衣装で傘をさした“爆弾低気圧女”安倍晴子こと、武井咲が登場し会場を沸かせた。

天気を使って事件を解決していく、という新しい試みの本作。「このドラマを見て、お天気のことについてもっと知っていただけたらな、と思います」と武井さん。本作でゆとり世代に生まれた刑事・青木豪太役を演じる大倉さんは「このドラマでゆとり世代のみなさんを味方につけて、今後敵を作らない芸能生活を送っていきたいと思います(笑)」と冗談交じりに語った。

ドラマ内の情報番組「モーニングZ」にちなみ、当日は撮影現場での出来事をニュース形式で紹介。「お天気新聞」と題された新聞には「本誌だけがキャッチ! 衝撃の真実!」という大見出しが躍り、「新人お天気お姉さんVS売れっ子女子アナ バトル勃発!?」「ゆとり刑事とお天気お姉さんフェチ監察医の凸凹コンビ 意外な方向に!?」「『蜜の味』のスナックママに話題のセクシーお姉さんが!?」という3つの注目すべき記事が掲載されていた。女性同士のバトルとあって、現場ではさぞかしピリピリしたムードが漂っているのかと思いきや、「いや、仲いいですよ(笑)」とあっけらかんと佐々木(希)さん。「でも役柄上では、人気を取られてしまいそうな焦りが顔に出ていると思います」と初挑戦となる“嫌な女”役について語った。

大倉さんと佐々木(蔵之介)さんのシーンでは、最後までセリフを言い切るとその後二人は台本にない芝居を始めるそうで、いつも二人のシーンのテープは長回しになるのだとか。これに大倉さんは「いや、あれは監督がなかなかカットかけてくれないから『なんかせな!』っていう気持ちになってるんです(笑)!」と弁明。すると佐々木(蔵之介)さんも「お互い関西人だから相手が何かしたらつっこまなきゃ、ってなるんですよ(笑)」と釈明していた。

さらに、今作が連ドラ初レギュラー出演となる壇蜜が武井さんとの現場でのエピソードを明かしたり、武井さんと佐々木(希)さんのバトルを見守る(?)笛木さんがその様子を明かしたりと見応え十分の記者会見となった。

金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」はテレビ朝日系にて4月12日(金)23時15分より放送スタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top