トム・ハンクス、ゴシップ記事は「アートの場」と「New York Post」紙を称賛!?

トム・ハンクスは、『ユー・ガット・メール』などで知られる友人の故ノーラ・エフロン監督が生前に脚本を執筆した新作ブロードウェイ・ミュージカル「Lucky Guy」(原題)の初演の夜、涙を抑え切れなかったようだ。

最新ニュース
トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
  • トム・ハンクス -(C) Getty Images
トム・ハンクスは、『ユー・ガット・メール』などで知られる友人の故ノーラ・エフロン監督が生前に脚本を執筆した新作ブロードウェイ・ミュージカル「Lucky Guy」(原題)の初演の夜、涙を抑え切れなかったようだ。

今月1日(月)に行われた初演で、「New York Post」紙や「The Daily News」紙などでコラムニストとして活躍したマイク・マカラリーを演じ、ついにブロードウェイ・デビューを果たしたトムは、昨年6月に白血病で71歳の生涯に終止符を打ったノーラが脚本を手がけた作品とあって、感極まってしまったようだ。

舞台を終えたブロードハースト劇場でトムは、「New York Post」紙に「つらい瞬間だったよ。ノーラと演出を務めたジョージ・C・ウルフの2人が一緒に初演の舞台を去るはずだったんだよ。彼女がいなくて寂しくて堪らないよ。ほかに何が言えるんだい? ノーラってほら…全てにおいて素晴らしいだろ。いつも興味の湧いたことに挑戦していた女性だったのさ。彼女はあるとき、僕に『人間の愚かさという業に興味を失ってはダメよ』って言ってくれたんだ」と語っている。

今回ジャーナリストを演じたことでトムは、いままで以上にメディア業界のことを理解したようで、ゴシップ記事で有名な「New York Post」紙の「Page six」欄のことを社会にとって必要な“アートの場”だとまで考えるようになったという。

「やっと分かった気がするんだ。もし『Page six』に自分のゴシップ記事が載っちゃったら、ゆうに1週間半くらいは取材攻めにあって地獄みたいに感じることもあったけど、いまなら『Page six』の欄に載っても、まあちょっと恥ずかしいくらいにしか感じないよ…。それに、僕はカーダシアン一家みたいな人種じゃないから、記者のみなさんのお邪魔になるようにはならないだろうけどさ(笑)。だから、いまでは“アートの場”だと捉えるようになったよ。ゴシップの記者って街を活性化する役割を担っているような仕事なんじゃないかな」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top