アジア最大級のショートフィルム映画祭が今年も開催決定 ジョージ・ルーカスら著名監督の作品上映も!

米国アカデミー賞公認で、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」(以下:SSFF&ASIA)が…

最新ニュース スクープ
SSFF&ASIA 2013
  • SSFF&ASIA 2013
  • SSFF&ASIA 2013
  • 『The Wholly Family』
  • 『リッチーとの一日』
  • SSFF & ASIA代表の別所哲也、ジョージ・ルーカス監督
米国アカデミー賞公認で、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」(以下:SSFF&ASIA)が、今年も5月23日(木)から6月16日(日)まで、東京4会場、横浜1会場を中心に開催される。

「ショートショート フィルムフェスティバル」(以下:SSFF)と、アジア発の新しい映像文化の発信と若手作家育成をめざす「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」(以下:SSFF ASIA)を同時開催している本映画祭。グランプリ作品が米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象となる「オフィシャルコンペティション」を始め、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されている。今年でSSFFは15周年、SSFF ASIAが10周年を迎え、「オフィシャルコンペティション」には本年度、過去最多の5000作品を超える応募があるなど、年々成長を続けている。

特別プログラムでは、初年度から映画祭を応援しているジョージ・ルーカス監督が学生時代に制作した『THX1138 4EB』や、テリー・ギリアム監督の新作ショートフィルムのほか、アカデミー賞監督賞受賞のアン・リー監督、原田眞人監督など、日本劇場初公開作品を含む著名監督らの15作品を上映。また、今年はアカデミー賞短編部門ノミネート・受賞作品を含むハイクオリティな作品が特集上映され、なかでも第85回米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品『リッチーとの一日』は注目作品だ。

映画祭がスタートした1999年の開催日にちなんで制定された6月4日の「ショートフィルムの日」には、なんと各会場で全プログラムが無料に! あなたもこの機会に新しい映画を探しに足を運んでみては?

「SSFF&ASIA」は5月23日(木)から、東京スカイツリータウンRスペース634、ラフォーレミュージアム原宿ほかにて開催。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top