外国人5,000人にも溶け込む阿部寛の“濃い顔”再び!『テルマエ・ロマエII』撮影快調

昨年公開され、主演の阿部寛を始め日本人離れした“濃い顔”のキャストと奇想天外な物語で、日本中を“浴場”のようなほっこりとした笑いで包んだ大ヒット作の続編『テルマエ・ロマエII』。先日、日本映画初となるブルガリアでの撮影がスタートし…

最新ニュース
コロッセオで群衆に囲まれるルシウス(阿部寛)/『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014『テルマエ・ロマエII』製作委員会
  • コロッセオで群衆に囲まれるルシウス(阿部寛)/『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014『テルマエ・ロマエII』製作委員会
  • 『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014『テルマエ・ロマエII』製作委員会
  • コロッセオで群衆に囲まれるルシウス(阿部寛)/『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014『テルマエ・ロマエII』製作委員会
昨年公開され、主演の阿部寛を始め日本人離れした“濃い顔”のキャストと奇想天外な物語で、日本中を“浴場”のようなほっこりとした笑いで包んだ大ヒット作の続編『テルマエ・ロマエII』。先日、日本映画初となるブルガリアでの撮影がスタートし、前作を超える壮大なスケールで進む撮影現場の最新情報と新ビジュアルが到着した。

古代ローマ帝国の浴場設計技師・ルシウス(阿部さん)は、斬新なテルマエ(=浴場)を作ったことで一躍人気者になっていた。しかし、コロッセオに剣闘士の傷を癒すテルマエ建設を命じられ、再び壁にぶつかることに。そこで、再び現代日本にタイムスリップし、お風呂専門雑誌のライターに転向していた真実(上戸彩)と共に、平たい顔族(=日本人)の協力を得て、またしても斬新なテルマエ建設に乗り出すのだった――。

ブルガリアでは、イタリアで行われた前作を凌ぐ大規模なセットで撮影を敢行。首都・ソフィアにあるヨーロッパ最大級の撮影所に、古代ローマの街並みを再現し、高さ50メートルの巨大なコロッセオのオープンセットも建設した。

さらに、前作の5倍となる延べ5,000人の外国人エキストラが参加。すべてがスケールアップした撮影となり、阿部さんは「スケールが日本映画を超えて、どこの国の映画だろう? というような『テルマエ・ロマエII』ならではの雰囲気に仕上がると期待しています」、上戸さんも「ブルガリアならではの壮大なセットや風景など、みなさんに見せたい景色がたくさんあります」とコメントを寄せている。

公開されたビジュアルは、コロッセオで群衆に囲まれて何かを見つめるルシウスの姿を捉えたもの。周りの外国人エキストラに違和感なく溶け込む阿部さんの濃い顔は、本作でも健在! さらに前作に続き、北村一輝、宍戸開、市村正親ら古代ローマ人を演じる“濃い顔”の俳優も出演する本作。果たして、今回はどんなテルマエを完成させるのだろうか? 期待して続報を待ちたい。

『テルマエ・ロマエII』は2014年G.W、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top