菅野美穂、“無敵の夫婦”になれるよう「頑張ります(笑)」

映画『奇跡のリンゴ』の完成報告会見が4月22日(月)に都内で開催され、菅野美穂が堺雅人との結婚を発表以来、初めて公の場に登場した。

最新ニュース レポート
菅野美穂&阿部サダヲ/『奇跡のリンゴ』完成報告会見
  • 菅野美穂&阿部サダヲ/『奇跡のリンゴ』完成報告会見
  • 菅野美穂/『奇跡のリンゴ』完成報告会見
  • 『奇跡のリンゴ』完成報告会見
  • 菅野美穂/『奇跡のリンゴ』完成報告会見
映画『奇跡のリンゴ』の完成報告会見が4月22日(月)に都内で開催され、菅野美穂が堺雅人との結婚を発表以来、初めて公の場に登場した。

世界で初めて無農薬のリンゴの栽培に成功した青森のリンゴ農家・木村秋則さんの実話を映画化した本作。会見には菅野さんのほか、主演の阿部サダヲ、共演の山崎努、音楽を担当した久石譲、中村義洋監督そして奇跡のリンゴの生みの親である木村さん本人も出席した。

11年にわたってリンゴと向き合い続ける主人公を演じた阿部さんは「自分が出ている映画を観て、気づかずに泣いてしまったのは初めて」と語り、「見たこともない顔を引き出してもらった」と、妻を演じた菅野さんに改めて感謝。菅野さんは「阿部さんのいままでにない一面がフィルムに映っていてビックリしました。向かい合ってるシーンでひるんでしまうくらい素晴らしい表情の阿部さんがいた。まだまだ見せたことのない顔があるんだなとたまげました(笑)」と語る。

木村さんの諦めない気持ちはもちろんのこと、それを陰で支え続けた奥さんの存在があってこそ成し遂げられた偉業と言えるが、阿部さんはこの夫婦を「奇跡みたいな夫婦。理解できないくらいの純愛」と表現。菅野さんは「奥さんが『苦労していた頃の方が良かった。夢が叶ってリンゴがなって、(木村さんは)日本中や海外への講演で家を空けるようになった。実らなかった頃の方が一緒にいられてよかった』と仰っているのを聞いて、何て素敵な夫婦なんだろうって思いました。“無敵の夫婦”だと思います」と羨ましそうに語る。

菅野さん自身、結婚を発表したばかりとあって報道陣からは「無敵の夫婦になれそう?」と質問が飛んだが、「頑張りたいと思います」とハニかんでいた。撮影は昨年の4月から約2か月にわたって行われたが、菅野さん曰く「撮影の頃は、まだそういう(結婚する)気配が全くなかった」とのこと。中村監督は『ゴールデン・スランバー』などいくつかの作品で堺さんとも仕事をしており「現場で『(堺さんとの共演は)どうでしたか?』と聞いたんですが、すっごい薄い反応だった(笑)」と証言した。

また菅野さんはご両親が共に東北出身ということで「岩手県の江刺市(現・奥州市)なんですが、そこでもリンゴを作っているし、東北弁も小さい頃から両親が話しているのを聞いてるので運命を感じた」とも。「震災の後で、直接的に『頑張れ!』と言うのではなく、木村さんの姿を通じて広い意味でのエールとしてお手伝いができれば」と被災地への思いも口にした。

木村さんは畑作業の傍ら、撮影現場にも何度か足を運んだそうだが、阿部さんと菅野さんが演じる姿を見て「脇から見たら自分と女房もこんな姿だったのかな? と微笑ましく、昔を思い出していい光景でした」と嬉しそうに笑顔を浮かべていた。

『奇跡のリンゴ』は6月8日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top