『グエムル』超え観客動員No.1『10人の泥棒たち』、業界初の試みを実施!

『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』('06)が持つ驚異の観客動員記録を6年ぶりに塗り替え、韓国映画史上No.1の観客動員数を記録した、トリック・エンターテインメント大作『10人の泥棒たち』が、6月22日(土)、ついに日本に上陸を果たす。

最新ニュース
『10人の泥棒たち』 -(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『10人の泥棒たち』 -(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『10人の泥棒たち』 -(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『10人の泥棒たち』 -(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.
『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』('06)が持つ驚異の観客動員記録を6年ぶりに塗り替え、韓国映画史上No.1の観客動員数を記録した、トリック・エンターテインメント大作『10人の泥棒たち』が、6月22日(土)、ついに日本に上陸を果たす。このほど、そんな本作の特報映像とポスター・ビジュアルがついに完成! さらに、2週間限定に加えて、驚きの試みが行われることも発表された。

世界に一つしかない幻のダイアモンド“太陽の涙”を奪取するため、集められた10人の男女。ところが、10人それぞれの野心と、3つの恋愛が“10人の泥棒たち”の完璧な強奪計画を狂わせていく。曲者揃いのキャラクターによる、巧妙に練られた緻密なストーリー。それを彩る華麗な生身のワイアーアクション、怒涛の銃撃シーンなど、ソウル、香港、マカオ、釜山とアジアの大都市を渡りながら、CGなしのダイナミックなライヴ・アクションが繰り広げられる。

本作は、公開1日目で史上最多のオープニング・スコアを樹立し、公開3日目にして100万人を突破、66日目で1,300万人、そして70日目で観客動員記録を塗り替えてしまった本作。香港を始めとするアジア全域でも大ヒットを飛ばし、全米を始め世界をも熱狂の渦に巻き込んだ、いまだかつてないトリック・エンターテインメントだ。

コンサートや演劇を観に行くような感覚で映画を楽しむという、この新しい興行形態は業界でも初めてのこと。これまで数々の劇場ライブ・ビューイングを手がけてきた配給元ライブ・ビューイング・ジャパンならではの取り組みとなる。チケットは6月1日(土)より発売開始。詳細はオフィシャルwebサイトにて、上映館情報と共に決まり次第発表される予定だ。

“10人の泥棒たち”に扮するのは、アジアのショービズ界を牽引する超豪華なキャストたち。伝説の泥棒であり、作戦の指揮を執るマカオ・パクを演じる『チェイサー』のキム・ユンソクを筆頭に、マカオと過去に関係を持っていた美貌の金庫破り・ペプシには『風林高』のキム・ヘス、韓国チームのボス、ポパイに『イルマーレ』のイ・ジョンジェ、色香で男たちを魅了していくイェ・ニコルに『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン。さらに、中国チームのリーダー、チェンを『エグザイル/絆』のサイモン・ヤム、演技派の熟女泥棒・チューインガムを「冬のソナタ」のキム・ヘスク、小心者のアンドリューを『オールド・ボーイ』のオ・ダルス、新入りのザンパノを「太陽を抱く月」で大ブレイク中のキム・スヒョン、中国チームの冷淡な金庫破り・ジュリーを『The EYE【アイ】』のアンジェリカ・リー、クールなガンマンのジョニーを名優エリック・ツァンの息子でもあるデレク・ツァンが演じている。

監督・脚本を務めたチェ・ドンフンは、「イエス・キリストが十字架に釘を打たれたその日、隣の十字架に、ともに磔にされたのは泥棒だった。泥棒は昔からある職業だ。人々が財物を蓄え始めたその瞬間から、泥棒は共に生きてきた。ある泥棒は金を盗み、ある泥棒は心を盗む。そして、ある泥棒は世の中を盗む。この映画はそんな泥棒たちに関する物語だ」と、本作のテーマについて興味深いコメントを寄せている。

果たして、どんな予期せぬ展開が待っているのか。まずは今回届いた特報映像をチェックしてみて。

『10人の泥棒たち』は6月22日(土)よりTOHOシネマズ渋谷ほか全国にて2週間限定公開。

全上映“全席指定”チケットは6月1日(土)より発売開始。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。


(C) 2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND CAPTER FILE ALL RIGHTS RESERVED.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top