真木よう子の切なげな歌声&大胆ベットシーン…『さよなら渓谷』予告編が到着

真木よう子が7年ぶりに主演を務める、究極の愛の形を描いた衝撃作『さよなら渓谷』の予告編映像がついに完成! 真木さんと椎名林檎とのタッグで話題となったエンディング・テーマ「幸先坂」も収められ、その待望の映像がシネマカフェに到着した。

最新ニュース
『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』-(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
真木よう子が7年ぶりに主演を務める、究極の愛の形を描いた衝撃作『さよなら渓谷』の予告編映像がついに完成! 真木さんと椎名林檎とのタッグで話題となったエンディング・テーマ「幸先坂」も収められ、その待望の映像がシネマカフェに到着した。

緑豊かな桂川渓谷で起こった、幼児殺害事件。実母が容疑者として逮捕され、事件は終息へ向かうと思われた。そんな中、隣家に妻と2人で暮らす尾崎俊介(大西信満)に、その母親と不倫関係にあったという疑惑が浮上する。その証言をしたのは、なんと俊介の内縁の妻・かなこ(真木よう子)だった。現場取材を続ける週刊誌記者の渡辺(大森南朋)は、15年前に起きたある事件に辿り着くのだが…。

原作は「悪人」や「パレード」などで知られる芥川賞作家・吉田修一の同名小説。監督には『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』、『まほろ駅前多田便利軒』で才能が認められた人間ドラマの名手にして、本作にも出演している俳優・大森南朋の兄でもある大森立嗣。

一見どこにでもいる普通の夫婦が、実は15年前に起きたある事件の被害者と加害者の関係にあるという奇妙な人間模様を描く本作。まず、誰もが抱くのは「この2人、なぜ一緒にいるのか?」という疑念。今回到着した映像では、セックスをし、ビールを飲み、笑い合う…“どこにでもいる平凡な夫婦”が写し出される。

しかし、内縁の妻・かなこがかける1本の電話によって、2人の過去が薄ぼんやりと輪郭を持ち始め、物語はあらぬ方向へと転がり始めるのだ。ラストには“「憎しみ」か「償い」か、それとも「愛」か”という言葉に思わずハっとさせられることだろう。さらに、バックに流れる「幸先坂」を囁くように歌う真木さんの切なげな声にも注目してみて。

『さよなら渓谷』は6月22日(土)より全国にて公開。

※こちらの特別映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。



(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top