叶恭子、サイズ合わない靴を買うワケは?「オブジェになるし、お花も飾れちゃう」

“靴と女性の魅惑の関係”をあらゆる角度からひも解く世界初のドキュメンタリー映画『私が靴を愛するワケ』の公開記念イベントが5月6日(月・祝)…

最新ニュース レポート
『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
  • 『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
  • 『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
  • 『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
  • 『私が靴を愛するワケ』イベント(叶恭子さん)
  • 『私が靴を愛するワケ』イベント(叶美香さん)
  • 叶姉妹からプレゼントの靴 @『私が靴を愛するワケ』イベント
  • 『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
  • 『私が靴を愛するワケ』イベントに出席する叶姉妹
“靴と女性の魅惑の関係”をあらゆる角度からひも解く世界初のドキュメンタリー映画『私が靴を愛するワケ』の公開記念イベントが5月6日(月・祝)、都内で開催され、タレントの叶姉妹が揃って登場した。

本作では女性なら誰もが憧れる「クリスチャン・ルブタン」、「マノロ・ブラニク」、「ピエール・アルディ」、「ロジェ・ヴィヴィエ」といった高級ブランドを手がけるスター・デザイナーたちと、ファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)やディタ・フォン・ティース(バーレスク・ダンサー/モデル)を始めとする靴好きセレブたちが“靴”の魅力を語り尽くすドキュメンタリー映画。「女性が共感できるのはもちろん、男性が見れば、女性が靴に対して抱く気持ちが理解できるはず」(恭子さん)。

そんな本作にちなみ、姉の恭子さんはルブタン、妹の美香さんはフェラガモのハイヒールを足元で“咲かせ”、駆けつけた女性ファンは早くもウットリ溜息…。「ルブタンはとにかくセンシュアル(官能的)、フェラガモは伝統を守りながら斬新なデザインで美しく履きこなせる」(恭子さん)、「姉からはいつも『靴は足で履くのではなく、背筋で履きこなしなさい』と教えられている」(美香さん)と早速、映画に負けない靴への愛情を明かしていた。

女性なら気になるのが、叶姉妹の靴選びのポイントだが、ここで恭子さんから「選ぶというより“お靴”の方が『私はあなたのために生まれてきた。あなたが持たなくてどうするの?』と語りかけてくるんです」と常人離れしたコメント! それだけに気に入ったデザインの靴なら、たとえサイズが合わなくても買ってしまうのだとか。「靴はアートでもある。サイズが合わなくても、オブジェになるし、お花も飾れちゃう」(恭子さん)と“ワケ”を説明していた。

これには、さすがの美香さんも「姉の行動を理解できないときがある」と苦笑しきり。自宅には約3000足ものハイヒールがあるそうで「すべて姉のもので、管理するのは私なんです…」(美香さん)。それでも「姉の感性は天才的。先取りしたものが、その後流行することもある。この映画も姉のドキュメンタリーを見ているようだった」と尊敬の念。この日は、抽選で会場の女性3名に叶姉妹からルブタン、マノロ、そして「ジュゼッペ・ザノッティ」の高級シューズがプレゼントされる“太っ腹”な一幕もあった。

『私が靴を愛するワケ』は5月11日(土)より新宿武蔵野館にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top