圧巻の映像美を凝縮! 大友克洋監督の新作オムニバス『SHORT PEACE』予告編解禁

『AKIRA』の大友克洋監督を始め、日本のトップ・アニメクリエイターが集結し、独自の視点で“日本”を描いた4編からなるオムニバス映画『SHORT PEACE』。このほどクリエイター陣が各作品で放つ最先端の映像美と…

最新ニュース
「SHORT PEACE」「武器よさらば」 -(C) SHORT PEACE COMMITTEE -(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
  • 「SHORT PEACE」「武器よさらば」 -(C) SHORT PEACE COMMITTEE -(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
  • アニメーション・オムニバス映画『SHORT PEACE』制作発表会見
  • アニメーション・オムニバス映画『SHORT PEACE』制作発表会見
  • 「SHORT PEACE」「GAMBO」 -(C) SHORT PEACE COMMITTEE -(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
  • 「SHORT PEACE」「火要鎮」 -(C) SHORT PEACE COMMITTEE -(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
  • 「SHORT PEACE」「九十九」 -(C) SHORT PEACE COMMITTEE -(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
『AKIRA』の大友克洋監督を始め、日本のトップ・アニメクリエイターが集結し、独自の視点で“日本”を描いた4編からなるオムニバス映画『SHORT PEACE』。このほどクリエイター陣が各作品で放つ最先端の映像美と、独自の世界観を凝縮した予告編が解禁された。

大友監督の待望の新作で、すでに毎日映画コンクール・大藤信郎賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞している『火要鎮(ひのようじん)』など、多彩な“日本”の姿を表現した作品が集まった本作。

『アニマトリックス』の森本晃司監督によるオープニング・アニメーションに続き、悲恋の情念と江戸の大火を精緻な筆致で描き出した『火要鎮』、森田修平監督(『FREEDOM』)がモノノケの怪異をユーモラスに表現した『九十九(つくも)』、クリエイティブ・ディレクターに石井克人(『スマグラー おまえの未来を運べ』)、キャラクター原案に貞本義行を迎えて安藤裕章監督(『鉄コン筋クリート』)が大熊と鬼の激闘を3DCGで描写した『GAMBO』、そして日本を代表するメカニック・デザイナーであるカトキハジメ(「機動戦士ガンダム」シリーズ)の初監督作であり、近未来の東京を舞台にした大友監督原作の伝説的短編マンガを映像化した『武器よさらば』により構成されている。

解禁された予告編には、映像中で“奇跡の饗宴”と表現された豪華な顔ぶれによるハイクオリティなシーンが次々と登場。『火要鎮』の炎の迫力と繊細な人物描写、『九十九』にあふれる和柄の色彩美、『GAMBO』が表現する生命力と重厚感、『武器よさらば』の細部まで描き込まれたメカのディテールとスピード感。名曲「夢であいましょう」のメロディに乗せて展開される圧巻のビジュアルに、思わず目を奪われる映像となっている。

トップクリエイターが自らのセンスと先端技術を駆使して作り上げた世界が、銀幕中に繰り広げられる本作。予告編に登場する「“アニメ”を失った大人達へ」というメッセージ通り、大人だからこそ楽しめる刺激的な作品になりそうだ。

『SHORT PEACE』は7月20日(土)より公開。

※こちらの予告編映像はcinemacafe.net記事ページよりご覧いただけます。


(C) SHORT PEACE COMMITTEE
(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top