【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』

5月25日(土)より 渋谷ユーロスペースで安藤尋監督の新作『夜の途中』が公開されています。

最新ニュース
【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』
  • 【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』
  • 【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』
  • 【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』
  • 【玄里BLOG】安藤尋監督『夜の途中』
5月25日(土)より
渋谷ユーロスペースで安藤尋監督の新作『夜の途中』が公開されています。

インタビュー中の「緊張しちゃって…」は監督に会うと、です。
初めて主演で撮って頂いた監督。それはなんか緊張します、というかピッとします。
現場意外の場所だとお互い照れくさいね、なんて言いながら。映画の話をしました。


今日27日(月)、
夜九時の回上映後に安藤監督と一緒に舞台挨拶をする予定です。


今まで、私自身に似た部分の多い役を当てられることが多かったから
『夜の途中』が出来上がってスクリーンで観た時に
自分とまるで違う人で、嬉しかった。

自分と….あるいは毎日私に期待される“自分”と。

でも彼女の外のどろどろと 私の中のどろどろを均したら
同じ、人なのかもしれない。


未歩は
未だ歩けない人なのか
未来を歩む人なのか。

そんな話をしながら、本読みをしました。

未歩は女優志望の女の子。ある日後輩に自分は夢を諦めると告げられる。
未歩は自分のこと、なんとなく続いていた彼との関係性を考えはじめる。
罪悪感が無かったわけじゃない。大好きだけど好きじゃいけない彼。

映画的行為“脱出”
物語の最初と最後で 何が大きく変わる話じゃありません。
でもすこし、ほんのすこし外に出られるのかな この子はこの暗転のあとにちょっと先に進むだろうか
そういう静かな映画です。

音楽は『M/OTHER』の鈴木治行さん。


橋口亮輔監督(『ハッシュ』、『ぐるりのこと』)の『ゼンタイ』、
緒方明監督の(『死刑台のエレベータ』)『風にも石にもなれない』と併せて
それぞれの新作オムニバスになっています。
是非劇場に観に要らして下さい^^



『夜の途中』(2013年)---------------------------------------------------

監督:安藤尋
主演:玄里、奈良卓也

脚本・撮影・編集:伊藤裕満 
録音・整音:根本飛鳥 
助監督・制作:玉澤恭平 
監督助手・制作:成田啓吾

*2013年5月25日(土)より渋谷ユーロスペース、大阪シネ・ヌーヴォにて順次公開
《text:Hyunri》

関連ニュース

特集

page top