ジェーン・バーキンの愛娘が主演!『アナタの子供』フランス映画祭上映会に3組6名様をご招待

7歳の娘リナと暮らすアヤは、歯科医の恋人・ヴィクトールがいるにも関わらず、3年前に別れた前夫でリナの父親のルイと時々会っている…

プレゼント イベント
『アナタの子供』 -(C) Soazig Petit-les films Pelléas
  • 『アナタの子供』 -(C) Soazig Petit-les films Pelléas
〆切り:6月14日(金)

日時:6月23日(日)17:50開映
場所:有楽町朝日ホール(東京・有楽町)


7歳の娘・リナと暮らすアヤは、歯科医の恋人・ヴィクトールがいるにも関わらず、3年前に別れた前夫でリナの父親のルイと時々会っている。いまは若い恋人・ガエルと付き合っているルイは、アヤがヴィクトールとの子供を作りたがっていると聞き、嫉妬を隠せない。一方、アヤがルイと会っていることを知ったヴィクトールも心中穏やかでない。そんなとき、ルイの発案で4人は一緒に夕食をとるが、食事会は微妙な雰囲気となり、事態は一層錯綜する…。

毎年恒例となった「フランス映画祭」。今年もユニフランス・フィルムズ主催により6月21日(金)~24日(月)まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇にて「フランス映画祭2013」が開催される。本年度は最新作だけではなく、フランス映画祭では初となるクラシック作品の上映が決定しており、例年以上の盛り上がりを見せそうだ。その中で今回、ご紹介するのは恋愛のもつれを描かせれば右に出る者のいないジャック・ドワイヨン監督が、愛娘・ルーと共に作り上げた最新作『アナタの子供』。本作は7歳の娘をもつアヤがいまの恋人と前の夫、どちらを選ぶのか、登場人物たちと共に観客も最後の瞬間まで振り回されるラブコメディだ。ドワイヨン監督とジェーン・バーキンの娘・ルーが奔放なヒロイン・アヤをキュートに演じる。アヤの娘・リナ役をオルガ・ミシュタンが好演し、大人同士のくだらない喧嘩の観察者となる。本映画祭を記念してゲストによるトークショー付き『アナタの子供』上映会に3組6名様をご招待。

※当日はゲストによるトークイベントを予定しております。予定は変更となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。

特集「カルチャー感度をアップ! おしゃれに楽しむフレンチシネマ」

(C) Soazig Petit-les films Pelléas

※こちらの応募受付は終了致しました。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top