ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上

ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上した。2011年にも隠し子疑惑が持ち上がり、その際には身の潔白が…

最新ニュース ゴシップ
ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上
  • ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上
  • ジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上
ジャスティン・ビーバーにまたしても隠し子疑惑が浮上した。2011年にも隠し子疑惑が持ち上がり、その際には身の潔白が証明されていた19歳のジャスティンだが、今回声を挙げたのは25歳の女性で、その女性は2010年の2月にジャスティンが米フロリダ州のマイアミでコンサートを行った際に、一晩限りの関係を持ったことで娘ができたと主張している。

女性の主張によれば、2人はコンサート後に地元のバーで出会い、その後ガンズヴォート・サウスにあるジャスティンの滞在していたホテルの一室に向かい一晩を共にしたそうで、8か月後となるその年の10月に女の子を出産したという。

ある関係者はUS版「Star」誌に「その年の秋に彼女は女の子を出産していて、ジャスティンは何一つそのことを知らされていなかったんです。女性は赤ちゃんを守りたい一心だったんですよ。赤ん坊を手元に置いておきたく、また自分の家族もメディアからの攻撃にさらしたくなかったんです」「私の意見ですが、その女児はジャスティンの赤ん坊の頃とそっくりなんですよ」と明かしている。

さらにスター誌は、その謎の女性にジャスティンが送信したとされるメールの内容も掲載していて、その中で「僕らの小さな秘密」と呼ぶその情熱に燃えた夜のことをジャスティンは女性に感謝している。しかし、ジャスティンに近い複数の関係者は、その女性の話が完璧に捏造されたものだと完全否定している。

そんなジャスティンに2011年に隠し子疑惑が浮上した際には、当時20歳のアメリカ人女性、マライア・イーターさんが、ジャスティンとコンサートの楽屋でセックスをした際に子供ができたと主張し、裁判沙汰になっていた。その訴えに対してジャスティン側も、その子供の父親でないことを証明するためにDNA検査の結果を提出すると応戦していたが、結果的には女性がその裁判を取り下げて、その騒ぎは終結していた。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top