NEWS小山慶一郎&加藤シゲアキ「未来シアター」に及川光博ゲスト出演

及川光博、NEWS小山慶一郎&加藤シゲアキ『未来シアター』にゲスト出演

最新ニュース スクープ

 毎回、様々な分野で批判や失敗を恐れず世の中を変えていこうとする人々=革新者(かくしんもの)にフォーカス。その人物に最もマッチする名曲に乗せ、人生模様を描く「1曲1人生」をコンセプトにしたドキュメントプログラムを放送する『未来シアター』(日本テレビ系)。11月8日(金)はスタジオゲストに及川光博を迎えてドキュメントVTRを観賞、劇場支配人の羽鳥慎一、NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキとトークを繰り広げる。

 及川はミュージシャンであり、実力派俳優として確固たる地位を築いている。子どもの頃から注目を浴びやすいキャラだったことや、子どもの頃に父親に言われた言葉、下積み時代の経験などを語る。「歌手」と「役者」のどちらの道に進むべきか悩んでいた時、及川を救ってくれた恩人とは?

 今回の1人目の革新者は、スラックライン選手・福田恭巳。僅か5cmほどのロープの上でジャンプや宙返りなどの技を繰り広げる新たなスポーツ、スラックラインとの出会いは、ジャズダンスを辞め、クライミングのクラブに入部した高校時代。魅力にとりつかれた福田はなんと半年で日本選手権2位に。さらに武者修行に出掛けたアメリカで様々な大会に出場。遂には世界一に輝いた。そんな福田の地位を脅かす13歳の新星が現れる。迎え撃つべく、誰も成功したことのない大技に挑むが……。

 2人目の革新者は、靴磨き職人・長谷川裕也。日本初のカウンタースタイルの靴磨き店の主人にして数々の一流ブランドと個人契約を結ぶ靴磨き職人の革新者。高校卒業後、英語教材セールスマンとして活躍するが、激務で身体を壊して退職。元手がない中で出来る商売として、日頃から好きだった靴磨き職人の道に。その後、下積みの日々を乗り越え、靴磨きの奥深さに魅了され、職人としての誇りが芽生えていく。24歳にして青山の一等地に店をオープン、全く新しい靴磨きスタイルは靴好きの間で話題となり、一躍人気店に。世界的なトップブランドも認める彼の職人技とは?

■『未来シアター』
2013年11月8日(金)23:30~23:58(日本テレビ系)
【出演】羽鳥慎一、小山慶一郎(NEWS)、加藤シゲアキ(NEWS)
【スタジオゲスト】及川光博


及川光博、NEWS小山慶一郎&加藤シゲアキ『未来シアター』にゲスト出演

《》

特集

関連記事

特集

page top