市村正親&仲間由紀恵ら、激動の戦後を描くアニメ『ジョバンニの島』の声優に

終戦後、ソ連軍の進駐によって引き起こされる北方四島の島民たちの過酷な運命を描いたアニメーション長編映画『ジョバンニの島』。本作で、市村正親、仲間由紀恵ら…

最新ニュース スクープ
『ジョバンニの島』主要声優キャスト(市村正親、仲間由紀恵、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、犬塚弘、八千草薫、仲代達矢、北島三郎) - (C) JAME
  • 『ジョバンニの島』主要声優キャスト(市村正親、仲間由紀恵、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、犬塚弘、八千草薫、仲代達矢、北島三郎) - (C) JAME
  • 『ジョバンニの島』 - (C) JAME
終戦後、ソ連軍の進駐によって引き起こされる北方四島の島民たちの過酷な運命を描いたアニメーション長編映画『ジョバンニの島』。本作で、市村正親、仲間由紀恵ら、日本を代表する豪華キャストが声優を務めることが発表された。

1945年、北方四島の一つ、色丹島。純平(10歳)と寛太(7歳)は、父親の辰夫と祖父の源三とともに、この島で暮らしていた。戦後、ソ連軍の進駐が始まり、兄弟の通う学校にも軍靴が響きわたる。やがて訪れる家族との別れ、ロシア人少女との淡い初恋。幼い兄弟は、混乱と不安の中を生き抜いていく…。

本作は、日本音楽事業者協会(音事協)が創立50周年を記念して制作。音事協が掲げる「プロジェクト21」のテーマでもある「21世紀に向けて、音事協ができる社会貢献とは何か」を熱考し、子どもたちに“忘れてはいけないこと”を伝えるべく生まれた企画だ。

純平と寛太には、それぞれ映画やドラマなどで活躍する人気子役、横山幸汰と谷合純矢、そして兄弟の祖父・源三を北島三郎が演じることが決まっていたが、このたび市村さん、仲間さん、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、犬塚弘、八千草薫、仲代達矢という豪華な面々が声優キャストに加わることになった。

純平、寛太の父親・瀬能辰夫役となる市村さんは、「僕も2児の父なので、主人公兄弟を自分の息子たちに置き換えてみたり、あるいは自分の子どものころを思い出したりして演じました」と、子煩悩なパパらしくコメント。

仲間さんは、辰夫の幼なじみで子どもたちから慕われ「二十四の瞳」も彷彿とさせる、純平の担任・佐和子先生役。「私自身が戦後の空気を知らないこともあり、特に細かい緊迫感は現場で監督と会話をしながら演じさせていただきました。戦争が子どもたちにもたらす非情さを、改めて映画を通して感じることができました」と話してくれた。

また、「アニメーションの吹き替えは初めて。こんなにいい声をしているのに、なぜお話がこなかったんだろうと(笑)」というユースケさんは、純平と寛太の叔父で、兄・辰夫とは正反対の性格の英夫を演じる。「英夫はひょうひょうとしたキャラクターですが、実は強い人物。初めてですが、やる以上はしっかりやらせていただきます」と、いつもの調子ながらも真摯に意気込みを語った。

過酷な運命を生きずにはいられなかった幼い兄弟の姿が描かれる本作。物語の情景と共に豪華キャストの吹き替えにも注目してみて。

『ジョバンニの島』は2014年2月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top